特集
カテゴリー
タグ
メディア

あなたの孤独感はソーシャルメディアのせいかもしれない:調査結果

あなたの孤独感はソーシャルメディアのせいかもしれない:調査結果

皆をつないでいるはずのものが逆に孤独感を生み出しているなんて、信じ難いかもしれませんが、新しい研究で、人々の孤独感が増しているのはソーシャルメディアが原因ではないかという結果が示されたのです。ピッツバーグ大学のメディア・テクノロジー・ヘルス研究センター所長、Brian Primack博士による研究で、ソーシャルメディアに1日2時間以上を費やすヤングアダルトは、1日30分以下の同じ層に比べ、社会的な孤立を感じている人が多いことがわかりました。ネット上で人と交流した後に調査対象者たちが感じているのは、幸福感ではなく、その逆の、取り残されたさみしさだったのです。

Primack博士とチームは、孤独感の直接的原因については定かではないが、おそらく、自分以外の人々と交流している友達の姿を見ることに関係があるのではないか、としています。タイムラインをスクロールしていると、自分以外の人たちが皆つながって「リア充」ライフを大いに楽しんでいるように見えてしまうというわけです。また、さみしさを感じれば感じるほどソーシャルメディアを利用したくなるという悪循環も生まれます。さみしいのでソーシャルメディアを開くも、一段と孤独感が増し、さらに見続けてしまうという悪循環です。だからソーシャルメディアのアカウントを放棄しましょうと言うつもりはありませんが、1つの判断材料として参考にしてください。孤独感を感じている人は、少なくとも、ソーシャルメディア利用を増やすのではなく、減らしましょう。

Patrick Allan(原文/訳:和田美樹)

Photo by Gauthier DELECROIX/Flickr.
swiper-button-prev
swiper-button-next