特集
カテゴリー
タグ
メディア

失敗しないお店選びのポイントは? 「会食・接待」でのマナーとテクニックを、現役営業マンに聞いた

Sponsored

失敗しないお店選びのポイントは? 「会食・接待」でのマナーとテクニックを、現役営業マンに聞いた

ビジネスパーソンにとって、会食やパーティー、接待などのお付き合いは、仕事の一環と言ってもよいほど重要な場です。お店選びや当日のふるまい方には、社会人としてのセンスが問われるもの。特にお客様とのお付き合いの多い営業マンは、会食でのスキルが最も求められる職業と言えるのではないでしょうか。

そこで、3人の営業マンに会食のお店選びから終わった後のお礼まで、それぞれのプロセスでどんな配慮や工夫をしているのか、会食成功のためのテクニックを教えてもらいました。

170324_kewpie_yoitoki2.jpg

さらに今回はそれらのテクニックとあわせて、そんなお付き合いの多い方々にオススメのサプリメント「よ・い・と・き」についてもご紹介します。

1. お店選び編 ~アクセスの良さ、ドリンクメニューの種類をチェック!~

今回、お話を聞いたのは、次の3人です。

23歳女性。IT系企業勤務。社外との会食や接待:月1回、社内の食事会:週2回程度
27歳男性。コンサルティング企業勤務。社外との会食や接待:月1回、社内の食事会:2週間に1回程度
31歳男性。マスコミ系企業勤務。社外との会食や接待:月2回程度、社内食事会:週3回程度

170324_kewpie_yoitoki6.jpg

会食での最初のハードルはお店選び。個室がいいのか、カジュアルなお店がいいのか、料理やドリンクのメニューはどんなものがいいのか、相手の好みをリサーチしつつ、失敗のないお店選びが求められます。

23歳女性は、「駅から近いかどうか、場所が分かりやすいかどうか、二次会への導線がいいか」と、まずはアクセスを気にしてお店選びをしているそうです。さらに、「大きな会であれば、座席表を作成するために事前に下見をすることもあります」と準備に余念がありません。

27歳男性も、「ランチで下見に行くなどして、お店の雰囲気を見るようにしています。ランキングサイトの評価だけで決めずに、実際に足を運んで決めると失敗がありません」と話します。

メニューについては、どんな確認をしているのでしょうか。27歳男性の場合は、「どんな料理がいいかを相手に聞いても、『何でもいいです』という回答をもらうことが多いんです。でも、本当に何でもいいわけではないことを心得ておくことが大事だと思います」と言います。

「相手の好みを聞けることがベストですが、聞けない場合でも出席者に食べ物のアレルギーがないかは最低限確認するようにしています」(27歳男性)

ドリンクメニューについても、「ビールが発泡酒ではないか、好きな銘柄があるか、飲めない方もいらっしゃるのでソフトドリンクは充実しているか、などを確認します」(23歳女性)と、事前チェックは必須のよう。

その他にも、細かいお店選びのテクニックがありました。

「女性が多い場合は、靴を脱がなくてもよいテーブル席にする」(27歳男性)

「テーブルで喫煙可能かどうか、できない場合は喫煙できる場所があるかを確認しておく」(23歳女性)

「社外の人と仕事の話をすることがメインであれば、個室のあるお店を選ぶ」(31歳男性)

「特に接待など大事な食事会の時は、予約時に使用目的を伝えておくと、お店の人が気遣ってくれる」(27歳男性)

三者三様のお店選びの工夫を教えてもらいました。

2. 当日の立ち居振る舞い編~テンションは高め、聞き役に徹する

しっかりお店を選んだら、いよいよ当日。

まずは料理の選び方ですが、接待など社外の方との会食の場合はコース料理にすることが多いよう。ただし、そこにも一工夫。

「社外の会合の場合、注文の手間を省くためアラカルトではなくコース料理を注文します。コースの内容を確認して、もし鍋料理などの取り分けが必要な料理が含まれていた場合は、コース内容を変更してもらうか、取り分けして運んでもらえるように事前にお願いしておきます」(27歳男性)

一方、社内の少人数の食事会や開始時間に全員が揃わない場合は、アラカルトメニューが基本。

「すぐに出てくるような即席料理と、サラダ、肉などのメイン料理と、ちょっと攻めたものを一品頼みます。時間のかかる肉料理は早めに頼んでおきます」(23歳女性)

ドリンクについては、「会が始まったあとのドリンクの注文に関しては、自分がドリンクに口をつける際に、全員のドリンクを見るように心がけています。ドリンクがグラスの半分を切ったあたりで、次の注文を聞くようにしています」(31歳男性)「手酌にならないよう、声をかけるタイミングごとにお酌をします。社内の会食の場合は、無礼講な雰囲気の中でこそ、瓶ビールのラベルをきちんと上にして注ぐなど、礼儀をしっかりするよう心掛けています」(27歳男性)と、常にまわりに気を配っている様子が伝わります。

そして、会食で最も気を遣うのが、食事中の会話。どんな話をすれば良い印象を持ってもらえるか、悩む人も多いのではないでしょうか。

31歳男性は、「不快にならない程度の相槌をして、自分が話すよりも聞き役に徹する。人の悪口や社内の噂話は絶対に話さないよう気を付けています」とのこと。27歳男性は、「職位が高い人を中心に質問しますが、全員に話が回るように気を付けます。会の雰囲気を盛り上げるためにも、普段よりテンション高めで」。

23歳女性も、「少しオーバー気味のリアクションで、よく笑うこと。知ったかぶりはせずに、知らないことは素直に聞くことで、会話を盛り上げます。年下ならではのヘマ話やネタになりそうな最近のエピソードを準備しておきます。会食は、普段とは違う自分を知ってもらえるチャンスでもあると思っています」と話します。

170324_kewpie_yoitoki7.jpg

そして会の終盤、お会計の際にはどんな工夫があるのでしょうか?

「端数が出ないように精算します」(23歳・女性)

「社内でも、会社の経費とわかっていても、支払いをしてくれる上司にはお礼をきちんとします。上司が支払いをしているときは、財布が見えない位置に立ちます」(27歳男性)

社外の会食の場合、招待した側が支払うのが基本ですが、「会計のルールを事前に伝えておくことで、相手に余計な気を遣わせないようにする」(27歳男性)といった配慮も必要なようです。

3. 会食後編~お礼メールにも個性を

170324_kewpie_yoitoki10.jpg

和やかに会が終わってほっと一息...しかし、会はこれで終わりではありません。出席者にお礼をするまでが会食なのです。

「お礼のメールフォーマットを準備しておき、会食中に話題になった話をプラスしたら、解散後30分から1時間後くらいにメールを送ります」(27歳男性)と、お礼メールをするのが基本ですが、「メールの末尾に、またご一緒できますと幸いです、など次につながるような文章を入れます」(23歳女性)「会の最後に集合写真を撮ると距離感が縮まります。そして、その写真をお礼メールに添付すると喜んでもらえます」(27歳男性)と、お礼メールにも工夫が光ります。

社外の方にはメールでも、社内の場合は、3人とも「翌日会社で直接お礼を言う」と答えました。

「社内であれば、翌日朝いちばんに参加者の席に伺い、直接お礼を伝えます。席にいない場合は手紙を残して時間を改めてまた席に伺います。不意にごちそうになった場合は、嫌みにならない程度のお菓子などをお渡しするようにしています」(31歳男性)

最後に、31歳男性は、会食成功の秘訣を次のように話してくれました。

『自分が相手だったらどうされたら嬉しいか』を意識することが一番大事で、それが会食や接待が成功する近道だと思います。自分で言ったわけでもないのに、部下が昇進祝いをしてくれたら嬉しいでしょうし、サプライズで誕生日を祝ってもらうのも嬉しい。社会人としての基本的な立ち振る舞いを抑えつつ、そこに何か1つでいいので、プラスアルファで『自分がされてうれしいこと』を意識すると、良い会になると思います。とはいえ、誰もがはじめからうまくできるわけではなく、経験によって学ぶ部分も多いものです。会食や接待に積極的に参加して、早い段階から基礎を身に着けることも重要だと思います」

うわべだけのテクニックではなく、「出席する人に喜んでもらいたい」「楽しい時間を過ごしてほしい」という思いが一番大事なのですね。

「よ・い・と・き」でいつでも安心!

さて、会食のテクニックを学んだところで、冒頭でも触れた、お付き合いの多い方にオススメのサプリメントをご紹介します。

それは、キユーピーが独自の技術で開発したサプリメント「よ・い・と・き」です。にごり酢から生まれた2種類の酢酸菌酵素を配合したこのサプリメントが、会食続きでも「よいとき」にしてくれるのです。酢酸菌酵素には、「アルコール脱水素酵素」「アルデヒド脱水素酵素」が含まれています。

170324_kewpie_yoitoki3.jpg

酢酸菌はお酢を作るときに必要不可欠とされるもので、酢酸菌が含む「酢酸菌酵素」がアルコールを酢酸に変えることで、お酢を作ることができるのだそうです。

そう聞くと、お酢が味を左右する「マヨネーズ」を長年作り続けて来たキユーピーだからこその製品だということがわかりますね。

「よ・い・と・き」を飲むタイミングは食事の前後が基本ですが、食べはじめてから気づいた場合や、食べた後だと忘れそう! なんてときは、薬ではないので食事中に飲んでも構いません。会食続きの毎日が気になる方は、ぜひ1度、試してみてはいかがでしょうか?


今回は、プロの営業マン3人によるたくさんの会食・接待のテクニックと、キユーピーから発売されているサプリメント「よ・い・と・き」を紹介しました。3人のキラリと光る会食のテクニックを、ぜひ今後役立ててみてください。

4/26~5/31で「よ・い・と・き」お試しモニターキャンペーン第2弾実施!

飲む人のための よ・い・と・き|キユーピー

(尾越まり恵)

Photo by shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next