特集
カテゴリー
タグ
メディア

良い習慣は「意志」では作れない。ニューヨーク大学の心理学者が教える良い習慣の作り方

BUSINESS INSIDER JAPAN

良い習慣は「意志」では作れない。ニューヨーク大学の心理学者が教える良い習慣の作り方

BUSINESS INSIDER JAPANより抜粋:ポテトチップスやFacebookのタイムラインは少しなら我慢できる。だが結局は......。良い習慣を身につけるには「良い選択」をすることではなく、「選択肢が限られた環境を作ること」が重要、とニューヨーク大学の心理学者アダム・オルター(Adam Alter)氏は言う。

「自制心をコントロールして長期間、良い結果を出し続けることは難しい。数日、数週間、数カ月、一生、という単位で考えると、自分の欲望を抑え続けることは現実問題として不可能」とオルター氏はBusiness Insiderに語った。

オルター氏は著者『Irresistible: The Rise of Addictive Technology and the Business of Keeping Us Hooked』の中で、スマートフォンのアプリやゲームがいかに我々の脳を支配し、もっと続けたくなるように仕向けているのかを解説している。

オルター氏は、人はあらゆる面で何らかの習慣を持っていると述べ、「行動構造(behavioral architecture)」の重要性を力説している。「行動構造」とは、キッチンやオフィスを整理したり、睡眠習慣を変えることによって、自らを健康的な行動パターンに導いていくことだ。

では具体的にどうすればいいのか? 詳細は以下のリンク先でご覧ください。

良い習慣は「意志」では作れない。ニューヨーク大学の心理学者が教える良い習慣の作り方 | BUSINESS INSIDER JAPAN

Chris Weller(原文/訳:まいるす・ゑびす)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next