特集
カテゴリー
タグ
メディア

「充実した性生活」が生産性を高める:調査結果

「充実した性生活」が生産性を高める:調査結果

Popular Science:一般にパートナーと性行為をした翌日は1日中気分が良くなることが実証されています。脳の快楽中枢や報酬系が満たされ幸福感が高まり、仕事でも生産性が高まります。その結果、成功する可能性も高まる傾向にあります。性行為が仕事にも良い影響を与えるという証拠は他にもいろいろあります。たとえば、159人の既婚者を対象に、2週間にわたり日に2回気分を調査した結果からわかったことが『Journal of Management』に発表されています。性行為により得られるポジティブな気分は行為後、約24時間持続すること、その結果、職場でも満足感や仕事に取り組もうとする気持ちが強くなることが報告されています。この効果は結婚生活の全体的な満足度にまで及んでいました。男性も女性も効果の程は同じでした。

生産性を向上させたいなら、精神の健康を維持することが重要です。それには、多くの人の場合、満足のいく性生活を送ることも必須要件です。スウェーデンのある小さな町の役場ではある職員が執務時間中のどこかで好きな時間を1時間選び、パートナーと逢えるようにしてほしいと主張しています。

仕事の時間に性行為を持ち込むなんてありえないという気がするかもしれませんが、実は生産性向上に一役かっています。家に仕事を持ち帰り夫婦の時間に影響を及ぼすのは望ましくないわけです。

研究によれば、定時に職場を出て帰宅することができない人たちは、性生活が貧しくなりがちです。絶え間なくメールの着信通知が携帯電話から入ってきて、未読メールがどんどんたまるような状況では、ストレスレベルは上がる一方です。フランスで労働者が就業時間後はメールを無視する権利を認める法律が制定されたのは驚きのニュースでしたが、精神衛生を促進する大きなステップを踏み出したと言えます。

もしかすると今後は、ランチタイムを長めにとるより、パートナーと午後のひとときを愉しんだほうがいいのかもしれません。

Yes, having sex makes you better at your job | Popular Science

Sara Chodosh(訳:春野ユリ)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next