特集
カテゴリー
タグ
メディア

「リノベのプロ」が三鷹で中古マンションを買った理由

roomie

「リノベのプロ」が三鷹で中古マンションを買った理由

ROOMIEより抜粋:中古不動産の仲介からリノベーションにまつわるコンサルティング業務を行う会社・ReBITA(リビタ)は、リノベ業界で活躍する企業のひとつ。ルーミーのリノベ連載でも「リビタに頼んだ」という人に出会う確率はけっこう高い。

そんなリビタで、100件以上のお宅のコンサルティングを担当してきた大嶋亮さんは、昨年、三鷹と吉祥寺の間にある中古マンションを購入&フルリノベーションし、家族3人で暮らしている。いずれ故郷のある関西に帰るつもりだと話す彼は、なぜこのタイミングで東京のマンションを購入するに至ったのか? リノベのプロが、自身のリノベストーリーから見えたものとは。

170314_roomie_2.jpg

これまではどこに住んでいたんですか?

170314_roomie_3.jpg

前はここから歩いて10分ほどの団地に住んでいました。夫婦ふたりとも関西出身で、ぼくは東京に出てきて8年ぐらいですが、2年ごとに新しい場所に移り住んでいます。四谷や高円寺、赤羽などを経由して、今の三鷹に落ち着きました。

特に引っ越し好きというわけではなく、仕事柄、東京のいろんな場所を知り、おもしろい物件に住みたかったんです。それまでは賃貸でしたが、ここはリノベーションする目的で購入しました。ゆくゆくは関西に戻るつもりなので、この家はそのあとも資産として運用できることを条件にピックアップしました。

170314_roomie_4.jpg

衝動買いではないのですが、購入するときに内見した建物はここだけ。いつも仕事でお客様と一緒に物件探しをしているので、空き情報を知った時に「自分が買うならここしかない」と思いましたね。

購入に至った決め手と、この物件のいいところは?

170314_roomie_5.jpg

簡単に言えば、価格が安くて、マンションの戸数が多く、外観に少しレトロ感があって中古好きに好まれやすいこと。それから場所の良さ。主にこの4つのポイントをすべて満たしていたので、「あ、これは買いだな」と。

特に場所がすごく良くて、吉祥寺まで歩いて行ける距離だし、まわりには公共施設がたくさん集中しています。子育て世帯に人気がある地域なので、借り手や買い手も多い。そういった需要は、このエリアに関してはこれからも変わらないと思います。

「どういう物件のほうが売却のときに資産価値が高いかなど、リノベを複合的に考える人が増えているのでは」と語る大嶋さん。ご自身のリノベーション方針も将来の運用を見据えたものでした。後編は以下のリンク先でご覧ください。

リノベのプロがこの場所で中古マンションを買った理由(三鷹)|リノベストーリー | ROOMIE(ルーミー)

(稲崎吾郎)

Photo by Daisuke Ishizaka.
swiper-button-prev
swiper-button-next