特集
カテゴリー
タグ
メディア

「家計管理」にデビットカードがオススメの理由とは? 春に向けて持っておきたい「Sony Bank WALLET」【新生活ライフハックツール】

Sponsored

「家計管理」にデビットカードがオススメの理由とは? 春に向けて持っておきたい「Sony Bank WALLET」【新生活ライフハックツール】
ガジェットやウェブサービスなど、便利なツールを紹介するライフハッカー[日本版]おなじみの連載「今日のライフハックツール」。特別版として、新生活シーズンにぴったりなツールやサービスをご紹介します。

就職や転職、異動など、新しい環境で次のステップを踏み出す人も多い春。変化が多い時期だからこそ、生活の基盤はしっかりと整えておきたいところ。そのために気をつけたいのが、「家計管理」です。

何かと入り用だったり収入に変化があったりと、お金にまつわる変化も起こりやすいこの時期は、家計を見直す必要性も感じやすいタイミングでしょう。

そこで今回、家計管理にオススメしたいのが「デビットカード」。なかでもソニー銀行の「Sony Bank WALLET」は、新生活のお供にぴったりなデビットカードなんです。

170313_sonybank_wallet5.jpg

家計管理にデビットカードが活躍するワケ

デビットカードは、クレジットカードの利便性と現金の安心を両立した「クレジットカードと現金の中間」的な存在。なぜ家計管理にデビットカードがオススメなのか、その理由をデビットカードの特徴とともに紐解いていきましょう。

使いすぎない

デビットカードは使ったタイミングで、リアルタイムに銀行口座からお金が引き落とされます。クレジットカードのように締め日や引き落とし日までのタイムラグがなく、銀行に入っている金額以上の決済ができないため、カードを使いすぎる心配がありません。

クレジットカードと変わらぬ利便性

とはいえ、決済はクレジットカードと同様、会計時にカードを提示するだけ。VISAなどの国際ブランドと提携(「Sony Bank WALLET」もVISAデビット)しているため、該当するブランドのクレジットカードに対応している店舗であれば、同様に決済が可能です。

買い物のためにATMまでお金を下ろしに行く手間も、現金を数える手間も不要。キャッシュレス生活が実現可能です。また、長期的に考えるとかなりの"時短"にもなるでしょう。

入出金履歴がリアルタイムに反映。お金の情報を一元管理。

会計と共にリアルタイムで決済・引き落としが行われるため、銀行口座の入出金履歴を見ればいくら使ったのかがすぐに確認できます。クレジットカードではどうしてもタイムラグがあり、カードの利用明細と銀行の明細の両方のチェックする必要がありますが、デビットカードであれば双方を一括で管理可能に。

キャッシュバック最大2%! 家計に優しい「Sony Bank WALLET」

デビットカードのメリットが見えてきたところで、今回の「ライフハックツール」であるソニー銀行のデビットカード「Sony Bank WALLET」ならではの特徴をご紹介していきましょう。

「Sony Bank WALLET」はデビットカードでありながら、ソニー銀行のキャッシュカードでもある2 in 1のカードです。デビットカードとしてもキャッシュカードとしても、それぞれに強みのある「Sony Bank WALLET」。その特徴を順番に見ていきましょう。

170313_sonybank_wallet4.jpg

ATM手数料で家計をお助け

まずはキャッシュカードとしての特徴です。銀行選びで欠かせないのが、ATM手数料がどの程度かという視点。時間外手数料はもちろんのこと、銀行だけでなくコンビニでの手数料も気になるところです。

ソニー銀行なら、セブン銀行(セブンイレブン)とイオン銀行で365日24時間入出金手数料が何度でも無料。ほかにもローソンやファミリーマート、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行のATMでも入金はいつも無料で、引き出しは合算して月4回までは無料です。(5回目以降は108円/回)

1回あたりは気にならないような値段でも、1カ月、1年というスパンで見るとそれなりの金額になってくるATM手数料だけに、安いに越したことはありませんよね!

最大2%のキャッシュバック

次はデビットカードならではの特徴です。キャッシュバックの還元率が低い印象のあるデビットカードですが、「Sony Bank WALLET」は利用額に応じて毎月0.5%から、最大で2%ものキャッシュバックが用意されています。現金で支払うよりもお得で、家計にも嬉しいですね。

外貨10通貨に対応し、海外でもスマートに。

Sony Bank WALLET」は海外出張や海外旅行でも活躍します。米ドル、ユーロをはじめとした10種類の外貨に対応しており、デビットカードとして現地通貨での決済や、現地のATMから外貨を引き出すことが可能。

自分の外貨口座から直接引き落としされるので、ショッピングで利用する時の手数料は無料、為替手数料も米ドルの場合1ドル当たり15銭と割安です。あらかじめ外貨を購入しておけば旅行時のレートに左右されることもなく、レートのいい両替店を探したりする手間も必要もありません。

利用履歴から外貨まで、アプリで家計を一元管理!

170313_sonybank_wallet3.jpg
(左)利用履歴が一覧で閲覧可能/(右)残高照会画面

そして、ここまで紹介してきた家計を助けるさまざまな機能や情報をすべて一元管理できるのが、「Sony Bank WALLET」のアプリです。スマートフォン上で利用履歴を簡単に閲覧できるほか、外貨のリアルタイムな交換レートや、外貨預金をしている場合にはその残高も確認可能。家計情報をこのアプリ1つで管理できちゃいます。

春から、家計のパートナーは「Sony Bank WALLET」に

生活の基盤としてお金をささえる「家計管理」。もちろん目の前の変化に対応していくことも大事ですが、自分の基盤をしっかりと作ることで、安心して新生活と向き合えるのではないでしょうか。

この春からは「Sony Bank WALLET」をお供に、次のステップへ踏み出してみませんか?

まずはこちらのサイトからソニー銀行の口座開設をどうぞ。

Sony Bank WALLET|ソニー銀行

外貨預金の重要事項

(小山和之)

小山和之

swiper-button-prev
swiper-button-next