特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日発売された「Nintendo Switch」はこんなゲーム機だ!

BUSINESS INSIDER JAPAN

今日発売された「Nintendo Switch」はこんなゲーム機だ!
Nintendo/YouTube.

首を長くして待ち続けること数年、ついに任天堂から新しいゲーム機が発売される。その名もNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)。

「Nintendo Switch」はハイブリッドコンソールのゲーム機だ。リビングルームのテレビでプレイすることもできるし、外出先に持って行くことも可能。基本的なスペックは下記の通りだ。

  • ゲーム機の正式名称:「Nintendo Switch」
  • 3月3日に発売予定
  • 希望小売価格:2万9980円
  • 任天堂がこれまでに生み出してきた主要なキャラクターを総動員したゲームのラインナップ。

Nintendo Switchにまつわる話はこれ以外にももちろんたくさんある。Business Insider編集部ではようやく一台入手することができた。伝えたいことは山ほどある。今までに僕たちが知り得たNintendo Switchについてのすべてをこの記事に集約した。

2万9980円のパッケージに含まれるすべて。

170303_nintendo_switch_bi_2.jpg

Photo by Nintendo.

箱の中にはいっているもの。

  • Switchコンソール──ゲーム機本体がタブレットになっている。
  • Joy-Con(コントローラ)
  • (テレビに接続するための)Switchドック
  • Joy-Conグリップ
  • (モーションゲームをプレイしている最中にJoy-Conを失くさないための)リストストラップ×2
  • ACアダプター
  • HDMIケーブル

下記のパッケージは2万9980円のもの。赤と青のJoy-Conが同梱されているバージョンとグレイのバージョンがある。

170303_nintendo_switch_bi_3.jpg

Photo by Nintendo.

Joy-Conは別売りもしている。それに関しては後述する。

Joy-ConグリップとSwitchドック

170303_nintendo_switch_bi_4.jpg

「TVモード」のコントローラ(左)。2つのJoy-ConをJoy-Conグリップに嵌め込んでいる。右はSwitchドックとSwitchコンソール。Photo by Nintendo.

3月3日に発売となるNintendo Switchには上の画像と同じものが入っている。

Joy-Con(コントローラ)は、Switchコンソールの両側に接続したり(携帯モード)、従来の据え置き型ハードのコントローラのようにJoy-Conドックに嵌め込んだり(TVモード)、Joy-Con単体で使ったり(テーブルモード)、と3通りの使い方ができる。

*なお、Joy-Conは充電する必要がある。その場合は、Switchコンソールがドックに置かれている時に接続しておくこと。

追記:パッケージに含まれているすべてのアイテムは個別に購入できる。たとえば、Joy-Conの左側だけが欲しい場合も、左側だけ買える。詳しくはNintendoのサイトで確認してほしい。

SwitchコンソールとSwitchドックの接続場所

170303_nintendo_switch_bi_5.jpg

Photo by Corey Protin .

SwitchコンソールとSwitchドックはUSB-Cポート経由で接続する。SwitchコンソールをSwitchドックに接続するのはとても簡単。(SwitchコンソールをUSB-Cポートに導く)小さなブラケットがあり、Switchコンソールを軽く左右に動かせば、うまく接続できるはず。うまく接続された時にはクリック音がする。

Switchコンソールの下部には充電用のUSB-Cポートが付いている。ここから電源コンセントにつなげれば、数時間もの連続プレイが可能。

Joy-Conグリップ(TVモード)を実際に使用してみた。少し手に余る大きさだが、慣れれば使いやすい

170303_nintendo_switch_bi_6.jpg

TVモードのコントローラ Photo by Nintendo.

左右2つのJoy-Conは、Joy-Conグリップの両サイドに簡単に接続できる(TVモード)。ゲームコンソールのコントローラソリューションとしては完璧とは言い難いが、別途コントローラを購入する必要がないという意味で優れものと言える(これについては後述する)。

左右それぞれにボタンが4つずつ、両サイドにはショルダーボタンとトリガー。最近のゲームコンソールのコントローラとしては標準的な仕様といえる。ただし、人間工学的に言うと少し不自然だ(たとえば、Xbox Oneのコントローラは手に馴染みやすいブーメラン型)。

なお、左右のJoy-Con2つをJoy-Conグリップに装着しなくても、Nintendo Switchを操作することができる(テーブルモード)。それぞれのJoy-Conを左右の手に持ち、バラバラになった状態のコントローラとしても使用できるのだ。少々おかしな感じだが、この方が快適だった。

170303_nintendo_switch_bi_7.jpg

テーブルモードのコントローラ Photo by Corey Protin.

携帯モード

170303_nintendo_switch_bi_8.jpg

Switchコンソールの両側にJoy-Conを付けて「携帯モード」に。Photo by Nintendo.

Joy-ConをSwitchコンソールの両サイドにスライドさせるとポータブルゲームコンソールの出来上がりだ(携帯モード)。それぞれのJoy-Conにはスティックと4つのメインボタンが付いている。Switchコンソールと合体させて使用可能だが、スクリーンから取り外しても使用できる。

任天堂によると携帯モードでの連続使用可能時間はおよそ3時間。実際に使ってみたところ、バッテリーの消耗がそれほど大きな問題とは思えなかった。携帯モードでの長時間使用を試していないので、実際どうなのかはまだ不明だが。

後半では、Joy-Conの機能や利用法、何より肝心のゲームコンテンツについて紹介しよう。以下のリンク先でご覧いただければ幸いだ。

「Nintendo Switch」徹底解剖:ハードの詳細から、ゲームソフト、オンラインサービスまですべて紹介します | BUSINESS INSIDER JAPAN

Ben Gilbert(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next