特集
カテゴリー
タグ
メディア

「遅さ」が原因で感じるストレスへの対処法とは? 心理コンサルタントがケース別に解説!

Sponsored

「遅さ」が原因で感じるストレスへの対処法とは? 心理コンサルタントがケース別に解説!

突然ですが、問題です。「2015年12月から毎年1回、すべての労働者に対して実施が義務付けられた制度(※1)」といえば? ヒント、主導は厚生労働省です。

...答えはストレスチェック制度ですね!

また、大阪商工会議所が2006年に試験を開始したメンタルヘルス・マネジメント検定には、2016年度試験では3種あるコースを合計すると1万5千人あまりが受験に臨んでいました。

このように、現代人はストレスと日々戦い、いかにして精神の平穏を得られるかに苦心しています。人間関係や仕事のプレッシャーだけでなく、私たちにはあらゆるイライラの原因が降ってかかります。たとえば、「遅い」という状況もそのひとつ。

前方のクルマがスピードを出さない。電車が予定通りに来ない。ほしい資料が送られてこない。リラックスタイムに動画を観たいのにネットが「遅い!」。どれも日常的なストレスのタネといえましょう。

心理コンサルタントに聞くにストレス軽減法...の前にお知らせです

sonet_hikari_collabo7.jpg

さて、今回の記事は「ネットの遅さ」を月額2900円からとお手頃価格で解決し、快適な環境を手に入れられるSo-net 光 コラボレーションを紹介するためのものです。

しかしながら、ただ紹介するだけでは「速くなった/遅くなった」と結果だけにフォーカスが当たりすぎてしまいます。ライフハッカーとしてはその裏側に隠された心理を把握し、理解を高めた上で良い選択をしたいところ。

そもそも人はなぜ「遅い」とストレスを感じるのか? そこで今回は、心理学者の晴香葉子(はるか・ようこ)さん「遅さが人に与える悪影響と、その対策」をよくある5つのケースに分けて伺いました。

晴香葉子(はるか・ようこ)/作家・心理学者・心理コンサルタント
harukayoko_prof.jpg 東京都出身。文学修士(コミュニケーション学)。早稲田大学オープンカレッジ心理学講座講師。テレビ、ラジオ、雑誌など、メディアでの心理解説実績多数。現在は、大学院博士課程に在籍し、研究を進めながら、行動心理学・消費者行動・コミュニケーション学など、さまざまな角度から情報を提供。著書多数。近著に『2回目からは、スーツのボタンは外しなさい』(潮出版社)がある。公式サイト

遅さにストレスを感じやすい人とは?

晴香先生によれば、「遅さ」にストレスを感じやすい人には一定の傾向があるそう。

まずは、プレッシャーを受けやすい人。中間管理職を務める人に多く、上層部からの期待に応えるために「自分だけでなく部下にもハイパフォーマンスを求めがち」です。部下や周囲のスピード感との差異にイライラしてしまうのでしょう。

次に、結果重視で頑張りすぎる人。「目標や成果を重視するあまりに、自分本位になりがち」だとか。それゆえに周りが見えなくなってしまい、非効率的なことに対しても強い反感を示してしまいます。

あるいは、良い面よりも悪い面に意識が向きやすい人。「気持ちの切り替えが苦手な傾向があり、遅さにも人よりも敏感で、気に病みやすい」といいます。毎日がスーパーポジティブ!とまではいきませんが、暗黒面に落ちがちなら注意です。

最後は、マイペースな人。「行動にムラがあり、気分を優先するので、自分は待たせても平気なのに人が遅いと苛立つ」ことがあるそう。

性格のため難しい面もありますが、自分の傾向を知っておくことでセルフチェックは効きやすくなるはずです。晴香先生は「ストレス過多になると、モチベーションの低下や免疫力の低下など、心身に悪影響があります。苛立ちが周囲に伝われば、職場の雰囲気を悪くするだけでなく、疎まれたり距離をおかれたりと、人間関係にも悪影響が起きてしまうかも」と指摘しています。

それでは、性格の傾向を把握したところで、具体的なケース別にストレス軽減法を見ていきましょう。

1.電車やタクシーなど「交通機関の遅れ」は "即座に対処"すべし

sonet_hikari_collabo2.jpg

晴香先生:交通機関の遅れは、自分はもとより他の人に迷惑をかけたり、苛立たせたりしそうで余計に焦りますよね。「アンラッキー」だと感じて、損をした気分にも...。「自分のせいではないのに謝らなければならない」ことに理不尽さも感じるものです。

このストレスの軽減法は、"即座に対処"! 待ち合わせ直前まで連絡しない人もいますが、かえって「連絡した方が良いか、まだ大丈夫か」と考え続けることになり、ストレスが倍増します。

そこで、遅延のアナウンスに「まいったなぁ」などと感情的にならず、まずは「即座に対処する」ことへ意識を向けます。たとえば、待ち合わせ相手に「到着する時間がはっきりしたら再度連絡します」と伝えるのです。

多くの人が似たような場面を経験していますから、ほとんどの場合は「気を付けて」「大変ですね」と気遣いのある返答をもらえるはず。苛立ちの連鎖を抑えられ、考え続ける必要もなくなります。しかも、幸いに遅刻しないで済めば、相手と「良かったですね!」などとトラブルを乗り越えた体験の共有ができ、かえって関係性が強まることも。

2.部下や取引先などの「仕事の遅さ」は "原因だけ"にフォーカス

sonet_hikari_collabo3.jpg

晴香先生:部下が仕事をこなすスピードが遅い、クライアントから連絡が返ってこないといった時に感じるストレスは、「相手の能力の低さ」に対する驚きや落胆です。役割を果たしきっていないと我慢ならないのですね。必要なのは「遅さ」の原因へのアプローチです。

この手のストレスには"原因"に目を向けて対処しましょう。部下の場合、仕事が遅い原因は主に「能力不足」か「自覚不足」の2パターン。能力不足なら、仕事ぶりを一つずつ確認し、効率よく済ませる方法をレクチャーして底上げを。自覚不足は、仕事を指示する際に必ず「締め切り」を設定することが着実に効果を出します。

クライアントの場合も締め切りが有効。返信期限を決めて連絡すれば、たとえ返信がなくても「本日までとお願いしていましたが...」と確認もしやすくなります。とはいえ、まずは仕事のスピードは個人差があることを前提に。

3.友達やパートナーなどの「遅刻」は "待ち合わせ方"を変えてみよう

sonet_hikari_collabo4.jpg

晴香先生:相手の遅刻に関しては「繰り返される」というストレスが大きく働きます。「また待たされた」「何度言ってもだめ」と疲労感の伴う落胆です。あるいは「大事に思ってもらえていない」という不信感。相手と親しいからこそ人間性を疑いたくなることも...ただ、身についた習慣は簡単には変わりません。自分の柔軟性を高める方が好手です。

対処法は、相手に合わせて待ち合わせに工夫を。いつも5分くらい遅れてくる相手なら、5分早めの時間を言っておく。遅刻してくる時間にムラがある相手なら、書店で待ち合わせをして時間を有効につぶせるようにする...といった具合です。

自分基準で考えすぎず、「仕事の遅さ」と同じく個人差があることを忘れないのも大切です。

4.パソコンやスマホの「スローな動作」は"ポーズ"で乗り切る

晴香先生:優れた環境を整えていたとしても、PCやスマホは時に遅くなったり、ハングアップしたりもするもの。実は、そもそもこれらを使う時に、人間はストレスを感じやすくなっているんです。イラッとしがちですが「リセットタイム」と割り切るのも大事です。

sonet_hikari_collabo5.jpg
デスクワークはローパワーポーズになりがち

パソコンやスマホを見ている時、人間は「肩をすくめる」「体を丸める」といった姿勢をとりがち。この悪い姿勢はローパワーポーズと呼ばれ、気分も暗くなりがちで、ストレスホルモンも分泌しやすくなるそう。

そこで、スローな動作や嫌なことに出くわした時は、あえて姿勢をよくして、腕を上げ、大きく伸びをするハイパワーポーズを。開放的な気分にリフレッシュでき、ストレスも感じにくくなります。

5.ネット回線の「スピード不足」は"環境の見直し"の時期

sonet_hikari_collabo6.jpg

晴香先生:せっかくVOD(NetflixやHuluなど動画配信サービス)の会員になったのに、ネット回線が遅いせいで読み込みが進まず、低画質モードへ調整されるのも残念ですよね。このストレスは「楽しみが邪魔される」という期待感の損失によるものです。

晴香先生によれば「とりあえず」がストレスを生む原因と話します。特にネット回線に多い「とりあえず使えている物理的な環境」は、多少のストレスを感じても改善を先送りしがち。間に合わせで買った家具や調理器具などにもよくある話ですね。しかし、その小さなストレスの蓄積で、せっかくのプライベートな時間の充足感は低下していきます。気づいたらできるだけ早く見直し、「使用目的に合う環境」を整えましょう。

「物理的に解決できることは、前倒しで解決しておく。生活がすっきりと整います」と晴香先生。

"光ファイバー"で、ネット回線のストレスを軽減!

さて、あらゆる「遅さ」にストレスを感じないよう立ち向かう方法を学んできました。多くは心構えや工夫で乗り越えられましたが、ケース5のように「物理的な解決」を考えるのも必要です。

そこで、晴香先生の話にもあったように、一度チェックしたいのが自宅のネット回線。最近ではVODサービスも花盛りで、各社オリジナル番組や配信数を充実させています。ただ、日常的に使うスマホでそれらの動画を観ようとすると、どうしても「通信制限」が頭をちらつきます(そして、これもストレスの原因...)。

VODを快適に楽しみ、さらにダウンロードやネットの利用もスムーズに...と考えると、現状では光ファイバー回線を選ぶことが一番の近道といえましょう。もし、あなたがネット回線の見直しを数年前にしたきりなら、今回紹介するSo-net 光 コラボレーションは驚きの対象となるはず。

sonet_hikari_collabo8.jpg

So-net 光 コラボレーション」はNTT東日本/NTT西日本から提供を受けた光ファイバー回線を利用しています。そのため、回線の品質はフレッツ光と同等の最大1Gbpsの高速通信。それでも、利用料金はプロバイダ特典も付いてググッとお値打ちというサービスなのです。従来プロバイダと通信事業者に別々に支払っていたインターネット料金をSo-netに一本化できる上、料金も安くなるとは嬉しい限り。

sonet_hikari_collabo9.jpg

提供エリアは日本全国で、最安値では月額2900円から利用できます。現在auのスマホを使っているなら、auセット割」で最大1200円の割引がずっと適用。また、すでに光回線を利用している方もプロバイダをSo-netに変えれば、工事不要で料金も安価になるというのだから驚き。

「au使ってないよ!」という方でもご安心を。現在実施中のキャンペーンによる割引が受けられます(ちなみにdocomoのスマホを使っている方であれば、「ドコモ光」という選択肢もありますよ)。

光回線が自宅に引かれていない場合でも、工事費相当額の24000円がキャッシュバックされるため、シンプルに「初期費用の800円+月々の通信料金」で使い始められるのも嬉しいところです。申し込みは公式サイトまたは電話(0120-982-469)で簡単に済ませることができます。

新たに光回線を自宅に引く場合は、So-netが工事の手配なども受け持ってくれます。連絡先がSo-net1箇所のみで済むのは、手間がかからず助かりますね。ご利用までの流れについて、詳しくはこちらのページをご覧ください。

これらの諸条件がそろえば、最も自分に最適化された「使用目的に合う環境が整うことでしょう。

以上この記事は、ネットのコンテンツをスマートに100%楽しんで、「ストレスチェック制度」も余裕でスルーしたいというあなたへお贈りしました。

(※1)「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問票(選択回答)に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。「労働安全衛生法」が改正され、労働者が50人以上いる事業所では、2015年12月から、毎年1回、この検査をすべての労働者に対して実施することが義務付けられました。なお、契約期間が1年未満の労働者や、労働時間が通常の労働者の所定労働時間の4分の3未満の短時間労働者は義務の対象外です。

So-net 光 コラボレーション|ソニーネットワークコミュニケーションズ

(長谷川賢人)

Photo by shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next