特集
カテゴリー
タグ
メディア

あなたは許せますか?ドラマの続きを観てしまう「Netflix Cheating」が頻発中

あなたは許せますか?ドラマの続きを観てしまう「Netflix Cheating」が頻発中

最近、罪悪感を持ちながらも、相手に内緒でドラマのエピソードの続きを観てしまう「Netflix Cheating(ネットフリックス・チーティング)」をする人が世界的に増えつつあるそうです。

Netflix Cheatingとは、お気に入りのドラマを一緒に見ようねと言ったのにもかかわらず、一方が相手のいないときについ次のエピソードを見てしまうこと。

日本におけるストリーミングコンテンツ視聴と恋愛の関係についてNetflixが実施したオンライン調査によると、日本では2人組でストリーミングサービスを視聴する人の44%がNetflix Cheatingをしたことがあると回答しました。世界的に見ると、最も多いのはブラジルとメキシコ(58%)、最も少ないのはオランダ(27%)、ドイツ(35%)、ポーランド(40%)となりました。どの国の人もエピソードの続きが気になり、こっそり観てしまうようです。

何がNetflix Cheatingを駆り立てるのか

オンライン調査によると、Cheatingをしてしまう理由は「作品が面白いので視聴を止められない」(48%)、「面白すぎて次を観たいという衝動にかられる」(57%)というシンプルなものです。一方で「バレないとわかっているから」(25%)と意図的に行っていることを匂わせる人もいました。

また、Cheatingの方法はさまで、日本では、自宅でこっそり視聴(64%)、恋人が寝てしまった後に内緒で視聴(23%)という回答が多く見られました。ちなみに、世界的には恋人が寝ている間にコンテンツを視聴し続けるのはCheatingにならないという回答が約半数でしたが、日本では68%がCheatingにあたると回答しています。

170217Netflix_valentine_Infographic-03.jpg

日本人は、罪悪間を強く感じながらも、衝動を抑えられず視聴を止められないようです。実際、日本人で罪悪感をもちながらCheatingしている人は80%。そのうち66%はパートナーに白状するか謝るといった行動をとりますが、14%は何もしないと回答。一方、世界では46%が「全く悪いことではない」と回答しました。

国によって「どこからが浮気か」の縁引きが違うように、Netflix Cheatingも同じことが言えそうです。

ちなみに、日本ではCheatingされた人の26%が「浮気されたほうがまし」と回答をしています。

Netflixのアカウントシェアは真剣交際の証

一方、ドラマや映画は、誰かと一緒にリラックスする時間や、共通の話題を提供してくれる一面もあります。オンライン調査によると、回答者の40%がパートナーや大切な人とのドラマや映画の相性は重要だと考え、34%がNetflixのアカウントやパスワードを相手とシェアしていることがわかりました。

170217Netflix_valentine_Infographic-02.jpg

つまり、コンテンツの相性は恋人を選ぶ際の1つのポイントであり、Netflixのアカウントを彼氏や彼女とシェアすることが真剣交際の指標になっているということです。

あなたはNetflixのアカウントを、恋人とシェアできますか?

(島津健吾)

swiper-button-prev
swiper-button-next