特集
カテゴリー
タグ
メディア

有意義な人生をおくるためのシンプルなエクササイズ

有意義な人生をおくるためのシンプルなエクササイズ

Inc.:最新の心理学研究によると、幸せには2つのタイプがあるそうです。第一のタイプは、欲望を満たすことから得られる単純で一時的な幸せです。たとえば、アイスクリームを食べたり、欲しかった物を買う時に味わう気分のことです。

もちろん、そうした幸せも素晴らしいものですが、科学は、そればかりを追いかけても、より広い意味の幸せはやってこないことを示唆しています。また、どうすれば幸せになれるかばかりを考えていると、不安や失望に陥りやすくなることもわかっています。心から人生を楽しんでいると感じたいなら、有意義なプロジェクトに取り組み、世界に貢献することから得られる、もう1つのタイプの幸せが必要なのです。

もちろん、これは「言うは易く行うは難し」であります。子育て、仕事、住宅ローンの支払いに追われているうちに、人生の大きな目標が見えなくなり、有意義なことをしているというよりも、ただ忙しくしているだけになってしまいます。

とはいえ、結局、子育てや家事、住宅ローンから逃げることはできません。そんななか、どうやって人生の大きな目標を取り戻せばいいのでしょうか? ある専門家が興味深い提案をしています。

パーソナルプロジェクトを評価する

このアイデアは、BBC Futureに掲載されていた、心理学者Brian Little氏の研究に関する長文記事からとったものです。Little氏は、コンフォートゾーンから無理やり追い出されたとき(たいていはよい結末になる)、人の性格がどのように変化、あるいは進化するかを調べました。研究結果が示すことは、幸せとは、個人の限界を少しだけ広げてくれるようなパーソナルプロジェクトに取り組むことと、ほぼ同義であるということです。

BBCは、この学びを有効活用するために、Little氏の研究に基づいたシンプルなエクササイズを提案しています。

少し時間をとって、自分が今取り組んでいるパーソナルプロジェクトを書き出してください。たとえば、体重を減らす、もっと良いペットオーナーになる、本を書くなど、何でもかまいません。完全にすべて出し切る必要はありません。多くの人は15個ほどになるようです。...

書き出したら、それぞれのプロジェクトについて少し時間をとって見つめ直してみます。自分にとってどれくらい重要か、どれくらい意義があるかを特によく考えてください。あなたの性格や価値観とどれくらい一致しているでしょうか? そのプロジェクトはあなたに喜びをもたらすでしょうか、それともストレスと欲求不満をもたらすでしょうか? そのプロジェクトはどういう経緯で思いついたものでしょうか? ほかの誰かとシェアしますか? これまでどのくらい進みましたか? やり遂げる自信はどれくらいありますか?

このエクササイズの目的は、自分にとって有意義で、幸せの基準を満たすプロジェクトを見つけることです。すなわち、達成可能であり、誰かが望んでいるからではなく自分自身が心からやりたいことであり、性格的な限界を広げてくれるもの(たとえば、内向的な人が、人前で話さなければならないプロジェクトに取り組むなど)であるかどうかを判断します。

こうした評価軸でプロジェクトを見直すことで、人生に大きな意味を与えてくれるプロジェクトだけを増やしていくことができます。プロジェクトを実行するときのコツなども書かれた、BBCの記事の全文はこちらをご覧ください。

This Simple Exercise Can Help You Live a More Meaningful Life|Inc.

Jessica Stillman(訳:伊藤貴之)

Photo by Shutterstock
swiper-button-prev
swiper-button-next