特集
カテゴリー
タグ
メディア

鼻水の色からわかること

鼻水の色からわかること

具合が悪いとき、ティッシュで鼻をかんだら...おや? 緑色の鼻水が出ていたら何かの印でしょうか。実は鼻水は虹のようにさまざまな色があり、身体が感染症と闘っているときは、透明から黄色へ、さらに緑色へと変化します。医者からは、緑の鼻水は抗生物質に反応するバクテリアに感染している証拠だと言われたものですが、本当は違います。免疫システムが何かと闘っている証拠です(細菌であることが多いです)。緑色は戦場で(この場合は「鼻」です)勇敢にも自らを犠牲にした白血球の核にある蛋白質から出ている色です

鼻水のその他の色に興味がある方は、クリーブランド・クリニックが提供する下記のチャートをご覧ください。ピンクや赤は血液、茶色は通常はただの埃で、真っ黒だと真菌感染症の可能性があります。

20170207snot.jpg

What the Color of Your Snot Really Means | Cleveland Clinic

Beth Skwarecki(原文/訳:春野ユリ)

swiper-button-prev
swiper-button-next