特集
カテゴリー
タグ
メディア

東北のものづくりは温かさを生む。一生ものの鋳物ケトルたち

machi-ya

東北のものづくりは温かさを生む。一生ものの鋳物ケトルたち

身体に優しいお茶や葛湯、もちろんコーヒーにも、温かい飲み物のために必須のキッチンウエアといえば「ケトル(やかん)」です。

気軽に手に入るタイプも良いですが、「一生もの」として手元に置いておきたいと思えるケトルを、ECモールmachi-yaの「THE COVER NIPPON」で発見しました。

南部鉄器 鉄瓶 東雲亀甲【及源】

170123_ironpot_01_R.jpg

南部鉄器の生まれ故郷、岩手県水沢市は昔から良質な鉄の産地として知られています。

水沢市の鋳物づくりの伝統は900年以上にもおよび、海外にも多くのファンを持つ伝統工芸品です。

鋳物というと直火というのが今まで鉄則とも言われてきましたが、「南部鉄器 鉄瓶 東雲亀甲 及源」はIHクッキングヒーターに対応しています。

170123_ironpot_02_R.jpg

南部鉄器は、お湯を沸かしたあとは、すぐ空にし内部を乾燥させます。錆の原因ともなりますので、内側には触れず、外側が濡れた場合も乾いた布で拭き取るだけにしましょう。

鋳心ノ工房 ティーポット 丸筒S青

170123_ironpot_03_R.jpg

鋳心ノ工房 ティーポット 丸筒S青」は、山形県を代表する「鋳心ノ工房(ちゅうしんこうぼう)」の、いわば作品です。

まるで現代アート作品のような、丸い形は「棗(なつめ)」を模しています。目の覚めるようなブルーも、伝統工芸品にモダンさをプラスした、現代感覚の色合いですね。

170123_ironpot_04_R.jpg

山形県も鋳物文化が古くからあり、その中でも鋳心ノ工房は、「伝統工芸は保守的なものではなく、その時代によって革新的なハードとソフトを併せ持つ」というコンセプトでデザイン製作しています。

ティーポット表面の青色はアクリル焼付け塗装。2本の取っ手は真鍮製です。内側はサビ防止のためにホーロー加工が施されています。

source: machi-ya

(藤加祐子)

swiper-button-prev
swiper-button-next