特集
カテゴリー
タグ
メディア

自動運転中に突然ハンドルを握らされた人間の反応は?:研究結果

自動運転中に突然ハンドルを握らされた人間の反応は?:研究結果

Popular Science:完全な自動運転車が誕生するまで、つまり、人間が座席にのんびりと腰かけ、ドラマシリーズ「ウエストワールド」でも観ていれば、忠実なロボットカーが安全に職場まで運んでいってくれるようになるまで、しばらくの間は人間とロボットが運転を分担する日々が続きます。テスラの「オートパイロット」や、その他のこれから登場する高度な半自動運転システムも、走行中はドライバーがつねに気を配り、必要な場合はシステムに代わってハンドルを握らなくてはなりません。この種の引き継ぎは、人間と機械のインタラクションを設計する人々がずっと頭を悩ませてきた問題です。さらにこのほど、2016年12月に創刊された学術誌『Science Robotics』に掲載された論文が、自動運転車の行く先に新たな障害があることを明らかにしました。人間は自動運転車から運転をうまく引き継ぐことができない可能性があるというのです。

この論文は、複数の専門分野にまたがるスタンフォード大学の研究チームが執筆したものです。研究では、22人のドライバーに直進と車線変更からなる15秒のコースを運転してもらいました。車が自動運転でコースのスタート地点まで進むと、そこから人間のドライバーが運転を引き継ぎ、直進して合図が出たら車線を変更する、という実験でした。

実験の目的は、自動運転中に起こりうるスピードの変化に対して、運転を引き継いだ人間がどのくらいうまく順応できるかをテストすることです。スタンフォード大学が開発したテスト車両は、ステアリング反応の敏感さを研究者側が調整できるものでした。これにより、車両が自動運転モードの間に起こりうる重大な変化を再現できます。

人間のドライバーがハンドルから手を離している間に、研究チームはステアリングの反応性を高速走行時に近いものに変更しました。スピードが出ていればいるほど、ステアリングの反応は敏感になります。つまり、ハイウェイを走行中に車線変更する際は、渋滞した道路で隣のレーンに入ろうとする時よりも、ハンドルを小さく切らなければならないのです。

実験では、ステアリングの反応が敏感になると、ドライバーは状況にうまく対処できませんでした。「ドライバーは何度も左右にハンドルを切っていました」と論文共著者のLene Harbott氏は述べています。「最初の大きなハンドル操作でハンドルを切りすぎることが多く、それを修正しながら車線変更しなくてはならなかったのです」

同じく共著者の神経科学者IIana Nisky氏(現在はイスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学在籍)は、このようなずれが生じたのは「暗黙的学習」と「明示的学習」の違いによるものだと述べています。体が経験を通して初めて暗黙的に理解できることを、頭で意識するだけではカバーできないということです。実験に参加したドライバーたちは、時間が経つにつれて前より敏感なステアリング反応に慣れていきましたが、そうすると今度は「基本」の状態に戻るのが難しくなりました。「ハンドルを操作したら車がどう反応するかということについて、脳の『内部表象(五感を通じて得た外界の情報データベース)』が書き換えられてしまったのです」とNisky氏は説明しています。

この研究では、ドライバーが順応するために必要とした時間はそれほど長くなかったので、車がコースを外れることはありませんでした。しかし今回の実験結果は、よりさまざまな条件下で人間が運転を引き継いだ場合にどんな対応を示すのか、さらに研究を進める必要があることを示唆しています。

実際、今回の研究結果をきっかけにして、自動運転に関するさまざまな分野で調査が行われる可能性があります。車内でのドライバーの行動(同乗者と話をしているか、それとも道路に注意を向けているかなど)が、運転のスムーズな引き継ぎに及ぼす影響を評価する研究が行なわれるかもしれません。あるいは、神経科学者が運転引き継ぎの際の脳活動を詳しく解明しようと試みるかもしれません。ヒューマン・マシン・インタラクションの専門家が、人間に運転を引き継ぐよう通知するシステムの開発にこの研究結果を活かす可能性もあります。

「この研究は、自動車の制御に変化が生じた際にドライバーがどう反応するかを示しています」とHarbott氏は述べています。「車の安全性の専門家にとって、私たちの研究結果は今後の参考になるのではないでしょうか」

NEW STUDY: HUMANS MAY FALTER WHEN TAKING CONTROL OF SELF-DRIVING CARS|Popular Science

Corinne Iozzio(原文/訳:遠藤康子/ガリレオ)

Photo by Shutterstock
swiper-button-prev
swiper-button-next