特集
カテゴリー
タグ
メディア

「長めの連休」を最大限に活用する7つのアイデア

「長めの連休」を最大限に活用する7つのアイデア

日常生活においては、多くの人が気がつかないうちに、「いつも忙しい」の罠にはまっているのではないでしょうか。ホリデーシーズンにまとまった休みがとれるなら、ふだんの生活をリセットして、ずっと見ないふりをしてきたタスクに取りかかり、新年を新たな気持で迎えるチャンスにしてください。

ホームメンテナンスプロジェクトに取り組む

今こそ、家中を「断捨離」し、大掃除に取りかかるときです。まずはクローゼットの整理から始めましょう。不要なガラクタを寄り分け、売るか、寄付するか、捨ててしまいましょう。それから、一度に一部屋ずつ掃除するようにします。

また、この期間は、家の冬支度をする良い機会でもあります(本当は何カ月か前にやるべきだったのですが、まだ済んでいなければ、今がチャンスです) 。寒さが厳しくなっていくなか、家を守り、屋内の暖かさを保つために、次のことをしてください。

それと並行して、いくつかの予防保守を施しておけば、家が壊れるのを防げます。小さなメンテナンスで大きな被害を防げる典型的なケースは以下です。

決して楽しい休暇の過ごし方ではありませんが、この時期を逃せば、ホームメンテナンスをする時間などなかなかとれないもの。また、メンテナンスをしながら大掃除もできるし、好きなドラマを好きなだけ観ることだってできます。

ずっと書きたかった本を書き始める

20161224-sevenideas02.jpg

この休暇中に書き上げるのは難しいかもしれませんが、少なくとも書き始めるには良いタイミングです。まず、最初のページにいくつかの言葉を書き付けたら、完成までの執筆スケジュールを立ててください。 「Don't Break The Chain(鎖を切るな)」システムや、「ONE CAL 2017」カレンダーを使えば、進行状況を視覚化できます。

また、それと並行して、自費出版を含めた本の制作・出版方法をリサーチすると良いでしょう。Writer's Digestに、書籍制作に関する有益な情報が多数掲載されています。

同じく、前からブログを立ち上げようと考えていたなら、この休暇を利用して実行に移すことができます。プラットフォーム、ドメイン、サーバーなど、技術的な事項をリサーチし、設定を行います。そしてもちろん、ゴールを確実に達成するために、執筆スケジュールをたててください。

受信トレイを0件にする

20161224-sevenideas03.jpg

受信トレイ0件は、決して夢物語ではありません。膨大なメールを処理しなければならないとはいえ、まとまった時間とちゃんとした計画があれば十分に可能です。しかし、ふだんの仕事の日は、1件のメールを処理する間に、2件の新規メールがやって来てしまうところが問題なのです。ですので、メールの数がぐっと減る休暇中は、受信トレイを0件にする絶好のチャンスとなります。

まず、MailstromUnroll.Meなどのサービスを利用して購読メールを整理し、不要なメーリングリストから脱退します。それから、受信トレイの整理に取り掛かってください

Sortdのようなツールを使ってもいいし、Inbox by Gmailに切り替えて、タスク、ソーシャル、プロモーションなどのカテゴリ別にメールを自動で振り分けるのも良いでしょう。ここまでできたら、メールをすばやく処理するための仕組みを考えてください。本気で受信トレイ0を達成したいなら、メールの流れを整理、管理するための仕組みづくりに少しばかり時間を使ったとしても、十分に元をとることができます。

パーソナルファイナンスに取り組む

20161224-sevenideas04.jpg

パーソナルファイナンスのことを考えると、頭が痛くなります。特に、これからスタートなのだとしたら、いったい何から手を付ければいいのか、お手上げ状態かもしれません。とはいえ、今すぐすべてを学ぶ必要はありません。空いた時間に、基本的なことから学習すればいいのです。

自由時間に始められる非常に秀逸なオンラインコースがいくつかあります。 たとえば、ユタ州立大学はファミリーファイナンスのコースを提供しています。予算、税金、クレジット管理などを教える100分、全14回のセッションです。 パーデュー大学には、リタイア後の生活を安定させるためのコースがあります。リタイアのための資金作りを考えているなら、このコースから始めると良いでしょう。使える時間に合わせて、コースを選ぶこともできます。

米LHでも、これまで数々の個人ファイナンスの基礎を学べるガイドを制作してきました。

繰り返しますが、一度にすべてを学ぶ必要はありません。自由になる時間があるなら、パーソナルファイナンスの学習を始めてみましょう、ということです。

読みたい本のリストに取り掛かる

20161224-sevenideas05.jpg

あなたも私と同じであれば、いつか読もうと思っている本の長いリストを持っているかもしれません。実行に移す時間がなかなかとれなかったからです。もしそうなら、今こそリストを取り出して、どの本から取り掛かるかを選びましょう。

集中できる時間を確保し、快適な読書スペースを選んだら、本の世界に飛び込んでください。あるいは、オーディオブックを購入すれば、家の雑用や、それほど集中力を要しないそのほかの活動をしながら、本を"読む"こともできます。

読みたい本リストを作っていなくて、どの本を読むべきかわからないなら、こちらの、「誰もが読むべきイチオシの小説」をチェックしてください。

もっと良い仕事を探す

現在の仕事に不満があるなら、この期間を利用してもっと良い仕事を探してみては? 良い転職先が見つからなかったとしても、履歴書を完成させ、正式に転職活動を始めることで、休み明けにも少しは明るい気持ちで職場に戻ることができるでしょう。

履歴書をまだ作っていないなら、SumryResume Beaconなどのサービスを活用しましょう。履歴書ができたら、自分の分野に関連するジョブボードをチェックしてください。LanceListはフリーランサーのための素晴らしいツールです。MediaBistroは作家やジャーナリスト、そのほかメディア業界で働く人向けの有益なサイトです。ヘルスケアや医療分野で仕事を探している人はHealtheCareersをチェックしてください。

まだそれほど本気で転職を考えていないとしても、調べてみることには価値があります。自分の分野で今どのようなスキルが求められているかなど、最新トレンドもわかります。ほかにも思わぬ発見があるかもしれません。

何もしないことを楽しむ

最後に、本当に何もしない時間を楽しむという過ごし方もあります。何もしないことが生産性のために最善である場合もあるのです。仕事に集中しているときでも、定期的に休憩をとることが大切なのは周知の通り。たまにはデスクを離れて、自分転換する必要があるのです。そうすれば、フレッシュでエネルギッシュな状態で仕事に戻ることができます。同じ理由で、日々のルーチンから、しばらく休憩をとることも大切。このとき、しっかりとセルフケアに取り組んでください。セルフケアには次のような効果があります。

誰もがホリデーシーズンにまとまった休みをとれるわけではありません。もしあなたが休暇がとれる立場にいるなら、何もしないという選択肢も含めて、その時間をぜひ生産的に使ってください。

Kristin Wong(原文/訳:伊藤貴之)

Illustration by Sam Woolley. Photos: Wellspring Comunity School, Kyle McDonald, Dustin Moore, Andy Roberts, Kevin Dooley.
swiper-button-prev
swiper-button-next