特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

冬でもガンガン運動できるインナーウェア【2017年注目のライフハックツール】

冬でもガンガン運動できるインナーウェア【2017年注目のライフハックツール】
ガジェットやウェブサービスなど、便利なツールを紹介するライフハッカー[日本版]おなじみの連載「今日のライフハックツール」。年末年始の特別版として、今年のツール、来年のツールの中から、とりわけ注目しているものをご紹介します。

毎年、どんな服を買うべきか悩む季節、冬。今の時期、防寒は誰にとっても大きな課題です。とりわけ、寒くても運動をしたい人やアクティブに活動したい人にとっては。

私は冬でも自転車に乗りたいので、さまざまなインナーを検討した結果、おたふく手袋株式会社の裏起毛インナーウェア「ボディタフネスシリーズ(パワーストレッチインナー)」に行き着きました。

暖かいインナーというとユニクロのヒートテックが有名ですが、ヒートテックが水分(汗)を吸収して発熱するのに対して、ボディタフネスは体表の空気をキープしつつ速乾性を重視するという点で異なる製品です。

  • 基本スペック:特殊レーヨンを使用した裏起毛のインナーウェア。肌触りもよく、着ただけで暖かく感じる。身体にぴったりフィットするので外気の侵入をよく防ぎます。襟周りはタートルネックです。
  • 汗がすぐ乾く:運動やボディワークなど、身体を動かす人向けにデザインされており、速乾性に優れています。冬の日に運動をしたあとに汗が冷えると体温が急激に奪われますが、ボディタフネスシリーズは運動中からよく汗が抜け、これを防いでくれます(インナーの上にも1枚発汗性に優れたウェアを着るのが理想的です)。
  • 1枚800円ほど:Amazonで安く売られています。この記事を執筆している時点では、Mサイズが787円です(税込)。

私は気温3~4度の早朝にスポーツ自転車で河川敷を全力疾走していますが(体感気温はマイナス一桁台)、暑いと感じるときさえあります。疲れて10分くらい休憩しても、汗冷えすることがないので思うままに身体を動かすことができています。

注意点としては、標準的な体型に対してやや小さめに作られているようで、1つ上のサイズを買ったほうがいい場合があること。筆者は普通の服だとMサイズがジャストサイズなのですが、ボディタフネスのMサイズは多少きついです。

安価なわりに高性能なのでとても重宝しています。電車などの暖房で汗をかいてしまうという人にもおすすめできます。タイツやグローブ、ソックスなども発売されていますよ!

おたふく手袋株式会社

(神山拓生)

swiper-button-prev
swiper-button-next