特集
カテゴリー
タグ
メディア

神経科学が実証:ランニングは体だけでなく脳も鍛えている

神経科学が実証:ランニングは体だけでなく脳も鍛えている

Inc.:集中力、高度な思考力、認知能力といった脳の機能を高めるには、頭脳戦のチェスやランニング、ドリブル、パスという3つの動きをマルチタスキングするサッカーのようなスポーツが最適だと思われるかもしれません(現に、世界最高のチェスプレーヤーはどちらの効果も認めています)。

しかしランニングに関しては、頭を使わない退屈な反復運動であるような感じがして、複雑な意思決定をしたり脳が人並以上になることとは関係ないように見えます。ところが、最近の研究で意外なことがわかりました。

アリゾナ大学の研究チームが、長距離走競技ランナーたちの脳とエクササイズをしない人たちの脳を比較したところ、ランナーの脳は「計画性、抑制力、観察力、注意の切り替え、マルチタスキング、運動制御などの認知機能に関連する領域」が大変活発であることがわかりました。この研究結果は『Frontiers in Human Neuroscience』誌に発表されています。

研究チームが大学生の競技ランナー11人と1年間全くエクササイズをしなかった被験者11人の脳の活動をMRIで6分間調査したところ、次のことが観察されました。

ランナーの脳はどのような違いがあるのか

熟考する際に機能する脳の領域の活動量が多い:ランナーの場合、脳内で相互に連絡を取り合う部分は、高度なレベルの思考を要する領域にありました。記憶、意思決定、情報処理と関連するそれぞれの領域間の連絡が科学的に観察されました。

注意力散漫になる際に機能する脳の領域の活動量が少ない:注意力が散漫になったり集中力が低下するときに活発になる脳の領域に関しては、ランナーの方が非ランナーより活動量が少ないこともわかりました。これにより、ランナーの方が集中力が高いと言えるかもしれません。

「この研究結果から、ランニングはそれほど単純な活動ではないと言えるでしょう。」と同研究共同著者である神経科学者のGene E. Alexander氏はニューヨークタイムズ紙に語っています。ランニングは一見頭を使わない作業のように見えて、実は脳が複雑な指示を出し続けているのだと同氏は指摘しています。

ランナーは、走りながら周囲の環境を把握したり、どこに向かって走るのか、体調はどうか、といったさまざまな情報を処理しています。この研究調査の対象となったランナーのように定期的にランニングをする人は、過去のランニングの記憶から得られる情報を脳に呼び込んで意思決定に役立てています。例えば、ランニングの途中でコースを変更するかどうかについても、走りながら次々に判断を下しています。ランニングをすると体を鍛えながら脳も鍛えることになると言えます。

いくつかの注意点

この研究から多くのことを結論づける前に、いくつか留意すべき点があります。女性は月経があるせいで明確な調査結果が出にくいという理由で、こうした研究対象から除外されることがよくあります。よって、この研究結果は全人口の50%には適用できません。女性を研究対象から除外する理由については、『Bad Medicine, Part 2: (Drug) Trials and Tribulations』という最近出たPodcastを聴いてみましょう。

さらに言うと、この研究調査は耐久ランナーと過去1年間まったくエクササイズをしない人たちを比較しています。ランナーの脳がこれほど健康なのは、果たして単純にランニングをしているせいだけでしょうか。もしかすると、耐久スポーツをすることで規則正しいフィットネスを実践してきたことが原因かもしれません。長距離サイクリング、水泳、トライアスロンをしている人たちの脳を調べるとこれと同じような効果が出る可能性があります。

この研究が明らかにした興味深い結果は、さらに調査を進める余地があることを示唆しています。寒い冬の日に、外に飛び出してランニングをするには少しモチベーションを高める必要があるときは、是非この研究結果を思い出してください。

Neuroscience Finds This Seemingly Mindless Exercise Sharpens Your Brain | Inc.com

Betsy Mikel(訳:春野ユリ)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next