特集
カテゴリー
タグ
メディア

【手動でアプリを終了する意味はない】「Android端末の高速化」に役に立つこと10個&立たないこと3個

  • カテゴリー:
  • TOOL
【手動でアプリを終了する意味はない】「Android端末の高速化」に役に立つこと10個&立たないこと3個

MakeUseOf:誰もが「自分のスマホがもう少し速かったら...」と思っていますよね? 3年前に買ったデバイスをまだ使っている人も、最新の「Pixel」を使いこなしている人も、この思いは同じ──スピードは速いほうが良いのです。

今回は、Android端末を高速化するために試すべきこと、そして避けるべきことをご紹介します。

役に立つこと:一般ユーザー向け

スピードを優先したいなら、Android端末のデフォルトアプリや設定は必ずしもベストな選択ではありません。若干の変更を加えて、スマホをすっきりした状態に保つと、パフォーマンスを手早く向上させることができます。

1. ホーム画面を整理する

プロセッサーの処理速度が落ちている場合や、RAMが不足している場合は、無駄を省いたホーム画面を維持することがスピードアップに有効です。ライブ壁紙(動く壁紙)やウィジェットはリソースを消費します。特に後者はバックグラウンドでアップデートし続けることもあります。

それらの影響をもっとも目にするのは「ホーム画面の再描画」においてです。『Chrome』など、RAMを大量に消費するアプリから画面を切り替えると、完全に空白のホーム画面が表示され、アイコンやウィジェット、壁紙などのすべてがリロードされる間、しばらく待たなければなりません。これを避けるためにも、ホーム画面はいつも整理しておきましょう。

2. 別のランチャーを使う

Android端末に搭載されているデフォルトのアプリランチャーは通常、デバイスのベストな機能を陳列するように設計されています。そのせいで、一番高速なわけでも、一番効率的なわけでもなくなっています。

Google Playストアでは、膨大な数のサードパーティ製ランチャーが提供されており、その多くはスピードの向上に最適化されています。「MakeUseOf」のお気に入りは『Nova Launcher』ですが、いくつか試してみて、自分にピッタリなランチャーを見つけるのも良いでしょう。

3. ブラウザを変える

Android端末の標準ウェブブラウザはChromeですが、残念ながらかなりのリソースを消費するアプリです。それを改善するための方法はいくつかありますが、どうせならまったく新しいブラウザに切り替えたほうが良いかもしれません。

一部のベンチマークテストから『Puffin』が最速のAndroidブラウザであることが明らかになっています。なるべくChromeに近いものをお望みなら、『Opera』も良いかもしれません。Operaのデータ圧縮機能は、ページの読み込み速度の向上に効果絶大です。

4. 効率の悪いアプリをアンインストールする

効率の悪いアプリがスマホの速度低下の原因になることも少なくありません。しかも、速度を落としているのが必ずしも無名のアプリというわけではなく、アプリ業界で最大級のビッグネームが犯人の場合もあります。『Snapchat』はAndroid端末でやたらにラグることで有名ですし、『Facebook』をアンインストールすれば、15パーセントものスピードアップが実現できるかもしれません。代わりに、サードパーティ製のFacebookアプリに切り替えてみてください。しかしSnapchatユーザーの方は、公式アプリ以外に選択の余地はありません。

5. アプリの自動同期を中止する

SNSやニュース、天気など、さまざまな種類のアプリが、リモートサーバーと自動同期するように設定されています。しかもこれらのアプリは、15分に1度という頻度でオンライン状態になるよう初期設定されている場合もあるのです。このようなアプリが多すぎると、たちまちスマホはそれに耐えかねてギシギシ音を立てることになるでしょう。

すべてのアプリの同期スケジュールを確認し、数時間おき、1日おきなどの長めの間隔でスケジュールを設定するか、同期をオフにして、代わりに手動でアップデートするようにしましょう。

6. 定期的に再起動させる

最後にご紹介するのは、スマホを再起動させるという方法です。再起動すれば、スムーズな動作の維持が促されます。

とはいえ、毎日再起動する必要はありません。たまの再起動でも効果はてきめんのはず。特にスマホが著しく遅くなっていたり、いつもより熱くなっていたりする場合です。

ご紹介したヒントをすべて試してみて、それでも効果がなければ、出荷時の設定にリセットすればふたたび調子が良くなるかもしれません。ただし、リセットする前にデータのバックアップを取るのを忘れずに。

役に立つこと:Androidオタク向け

もう少し上級者向けのヒントをお望みですか? 隠し設定をあれこれいじることが好きな人、あるいはお使いのデバイスをルート化している人は、さらに多くの手を使ってAndroid端末をスピードアップできます。

1. アニメーションをスピードアップする

Android端末には、オペレーティングシステムに滑らかな印象を与え、使用感を楽しくするアニメーションが詰め込まれています。こうしたアニメーション効果のスピードは、隠し設定で調節が可能で、スマホのスピード──少なくとも体感スピード──を上げることができます。

この隠し設定にアクセスするには、「設定」>「開発者向けオプション」と進んで、「ウインドウアニメスケール」「トランジションアニメスケール」「Animator再生時間スケール」「.5x」(0.5倍)に設定します。これでアニメーションの長さが半分にカットされます(お好みで完全にオフにすることもできます)。開発者向けオプションが表示できない場合は、まずはそれを表示できるようにしなくてはなりません。「設定」>「端末情報」と進み、「ビルド番号」を7回タップすると開発者向けオプションが表示されます。

2. 別のROMを試してみる

カスタムROM(メーカー非公式のAndroid)には、Android OSの完全なビルドが含まれているので、プリインストールされたすべてのソフトウェアと置き換えることが可能です。カスタムROMは、異なった見た目や追加機能が入っていたり、パフォーマンス向上のために最適化されていたりする場合があります。

お使いのスマホの標準ソフトウェアがいまひとつという方は、カスタムROMのインストール(英文記事)が得策です。多くのメーカーが、余分なアプリや機能を詰め込んで、自社製デバイスを肥大化させ、バグだらけにし、遅くしています。そのような場合は、「CyanogenMod」などの軽いROMを使って書き換えると、即座にスピードが向上するでしょう。

3. カスタムカーネルを使ってみる

カーネル(OSのコア)は、スマホのソフトとハードの間のインタラクションをすべて管理しています。カスタムカーネルを使用するもっともな理由はたくさんありますが、その最たるものの1つが、スマホのスピードアップです。カスタムカーネルを使用すれば、ハードの機能の微調整が可能になります。つまり、プロセッサーはどのくらいの速さでトップスピードに上昇するのか、どの程度のビジー状態になれば、プロセッサーは追加のコアを起動するのか、などといったことを変更できるのです。

中には、アプリごとの設定を提供しているカスタムカーネルもあり、特定のゲームのプレイを終えて通常の状態に戻ると同時に、最大出力でデバイスを動作させることが可能です。また、多くのカスタムカーネルはCPUをオーバークロックし、その動作の高速化も実現してくれます。ただし、カスタムカーネルの使用については異論も多く、メリットがあるような気がするだけで、ただの気休めにすぎないと言う人も大勢います。

4. Greenifyでバックグラウンドアプリを管理する

のちほど説明いたしますが、タスクキラー(タスクマネージャー)はスマホを高速化しません。『Greenify』はアプリがバックグラウンドで動作するのを阻止するので、タスクキラーのように思えますが、若干違います。

Greenifyはシステムレベルで動作し、アプリを終了させるだけでなく、必要になるまで、その一切の動作を阻止します。つまりGreenifyには、アプリに自動同期をやめさせ、それと同時に、スマホの起動時にそれらのアプリが読み込まれるのを防ぐ働きもあるのです。Greenifyはバッテリーの節約をおもな目的としていますが、その一方でパフォーマンスを大幅に向上してくれるのです。

役に立たないこと

Android端末の高速化に関しては、役立つテクニックもあれば、一般的に知られていても実際には役に立たないテクニックもいくつかあります。スマホをスピードアップできるなどとやたらに豪語するアプリには注意しましょう。

1. タスクキラー

タスクキラーはGoogle Playストアでもっともポピュラーなユーティリティアプリの1つですが、ズバリ言って、役に立ちません。むしろ、スマホのスピードを落とすこともあるほどです。タスクキラーは、バックグラウンドアプリを終了させて、RAMを解放します。そうして解放されたRAMがパフォーマンスを向上させるというのですが、それは本当ではありません。

Androidでは、アプリがRAMに保存されるようになっていますが、それは誤って削除したデータや不調になったシステムを素早くリストアできるようにするためです。また追加のリソースを解放する必要がある時は、アプリをインテリジェントに終了します。さらに重要なことに、一部のアプリに関連するプロセスの中には、バックグラウンドで動作する必要があるため、強制終了されてもすぐに再起動するものもあります。この終了と起動の繰り返しがスマホをはるかに遅くしてしまうのです。ということは、本来のまま、Android端末にまかせっきりにした方が良いというわけです。

2. アプリの終了

それと理由は同じで、やたらに気にしてアプリを手動で終了する必要もありません。繰り返しになりますが、アプリの終了もAndroid端末が自動でやってくれます。

リソースを解放する必要がある時は、Android端末が、しばらく使われていないアプリを終了してくれます。その必要がないなら、放っておいても害はありません。パフォーマンスもバッテリー寿命も、まったくと言って良いほど影響を受けないからです。

3. スピードブースターの使用

できるだけ一般化はしたくありませんが、スマホのパフォーマンス向上を謳う非ルート化アプリについては、避けるべきだと言ってまちがいありません。つまり、RAMブースターやSDカード高速化アプリ、デフラグツールなどです。これらに効果はほとんどなく、それどころかスマホを遅くする恐れがあります。おまけに、煩わしい広告でいっぱいの場合も少なくありません。

高速化の限界

言うまでもなく、スマホをスピードアップするためにできることには限界があります。しばらくは速くてスムーズな動作を維持できますが、遅かれ早かれ、ハードの限界に突き当たることは避けられません。その時には、スピードアップの最終手段として、新しいデバイスを買ってくださいね。

How to Make Android Faster: What Works, and What Doesn't | MakeUseOf

Andy Betts(訳:阪本博希/ガリレオ)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next