特集
カテゴリー
タグ
メディア

太陽光の熱を活用する簡易浄水器の作り方

太陽光の熱を活用する簡易浄水器の作り方

非常時に泥水をろ過して飲料水を作らなければならないときのために、太陽光熱を活用する浄水器(ろ過器)の作り方をご紹介します。

MAD Science Hacks YouTube channelのこちらのビデオを見ると、太陽光を熱源として活用するシンプルな浄水器(ろ過器)の作り方がわかります。

水を入れるボトル2本、薄い塩化ビニールパイプ、ボトルのキャップをくっつける接着剤(ビデオではホットボンドが使用されています)を準備します。2つのキャップを接着剤でくっつけて、ドリルで貫通するように穴をあけましょう。次にビデオが示すように、塩化ビニールのパイプをキャップの片方にくっつけたら準備完了です。

パイプが挿入されていない方のボトルに汚れた水を入れて、太陽光の当たるところに起き、キャップを閉めます。下のボトルに入っている水が太陽の熱で温まり蒸発すると、蒸気がもう片方のボトルに入り込み、凝結して水になります。

きれいな水がある程度たまるには少し時間はかかりますが、キャンプや非常時には手軽に使える方法です。

Homemade Solar Water Filter | YouTube

Patrick Allan(原文/春野ユリ)

swiper-button-prev
swiper-button-next