特集
カテゴリー
タグ
メディア

デス・スターの設計図を再現した精巧過ぎるiPhone 7用ケース

machi-ya

デス・スターの設計図を再現した精巧過ぎるiPhone 7用ケース

あなたの手にも「デス・スター」の設計図が!?

いよいよ公開となった、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。反乱軍はどうやって「デス・スター」の設計図を帝国軍から盗み出すのか? きっとかんたんにはいきませんが、私たちは通販で簡単に手に入れられるようです。

ECサイトmachi-yaに出店中の、電子回路とまったく同じ作り方で芸術的なiPhoneケースを作り出している「moeco:FLASH基板アート」シリーズに、デス・スターデザインのICカードケースとiPhone7/7Plusケースが登場しました!

FLASH デス・スター 基板アート iPhone7/7Plus ケース

161215_moecodeathstar_001.jpg

「お願いR2、この設計図を......」というレイア姫の声が聞こえてきそうな「FLASH デス・スター 基板アート iPhone7/7Plus ケース」。

スーパーレーザー部の2mm赤色LEDは、iPhoneが強い電波を発した時にランダムに光る仕様です。デザイン性を重視するため、高密度基板で使用する加工方法が用いられています。

161215_moecodeathstar_002.jpg

0.1mmの配線パターンで描かれたデス・スター。実際に電子工作の経験がなくても、この緻密さには溜息が出ることでしょう。

FLASH デス・スター 基板アート ICカードケース

161215_moecodeathstar_003.jpg

iPhoneケース同様、電池なしで光るLEDを搭載した「FLASH デス・スター 基板アート ICカードケース」。

改札でタッチする際や、コンビニなどでICカード決済する瞬間に、スーパーレーザー部分の赤色LEDが光ります。

161215_moecodeathstar_004.jpg

デス・スターがプリントされている基板は、車や産業機器にも使われているFR-4(ガラス繊維の布+エポキシ)と呼ばれる、軽くて丈夫な素材を採用。表、中、裏の3種類の基板をプレス接着し、ケースの形に仕上げてあります。

FLASH X-WING 基板アート ICカードケース

161215_moecodeathstar_005.jpg

X-ウイングが描かれた芸術的な「FLASH X-WING 基板アート ICカードケース。機体の傍らにはR2-D2の姿が。

ICカードをタッチする際に光る赤色LEDは、R2-D2が搭乗する場所に設置されています。

161215_moecodeathstar_006.jpg

「PCB ART moeco」では、このICカードケースがフィリカ式を採用している香港でも使えることを確認しています。ギフトボックス入りなので、スター・ウォーズ好きの方へのプレゼントとしても良さそうです。

※なお、各ICカードケース付属のストラップ金具には、黒メッキが施されていますが、基板と接触する部分はメッキが剥がれる場合があります。これは基板のほうが強いためです。あらかじめご了承ください。

machi-ya

(藤加祐子)

swiper-button-prev
swiper-button-next