特集
カテゴリー
タグ
メディア

短期的なマネープランが失敗しやすい理由

短期的なマネープランが失敗しやすい理由

きっとあなたは、短期的なマネープランを達成するのは、難しくないと考えていることでしょう。旅行費用を貯金する、少しずつお金を貯めて非常用の資金をつくるなど、とにかくある一定期間だけ、気を引き締めてがんばればいい。成果もすぐに表れるので、モチベーションも保てる。

しかし、こうした短期的な目標は不思議なほどよく失敗に終わります。その原因は、お金にうるさい人たちでさえ、ちゃんとした実行プランを作ろうとしないからです。あなたも心当たりがありませんか?

どうしてそうなってしまうのか、以下に誰もが陥りがちな落とし穴を解説しますので、よく読んでください。

この記事はLearnVestに投稿されたものです。

現実的な期限を設定しない

期限を厳しく設定し過ぎるのは、よくある失敗原因の1つです。クラッシュダイエットがうまくいかないのはこのせいです。数週間、数カ月の間なら無理がきくと考えますが、思いのほかキツく、あえなく挫折します。

LearnVest Planning Servicesのファイナンシャルプランナー、Natalie Taylor氏も同じ考えです。現状のリソースに対して、無理な期限を設定すると、途中で挫折しやすくなる、と同氏は話します。そもそも達成が困難なだけでなく、「時間が経つほどに、モチベーションを感じるのが難しくなる」からです。

ですので、現在のライフスタイルと金銭事情をかんがみて、実際のところ、目標達成にどれくらいの期間が必要となるのかを冷静に見極めてください。たとえば、週末旅行のために500ドル貯めたいとします。実情にそぐわない期限を設定して、無理をするかわりに、財務上のトレードオフを調整したり、余剰のキャシュフローを見つけるための期間として、何週間かを見込んでおくようにします。

きちんとした計画を立てない

人は、リタイア後のための貯蓄や、家を買う資金を貯めるといった、長期的な目標に対しては、具体的なステップをきちんと考えますが、「大きな落とし穴の1つは、目標を設定しても、そのための計画をきちんと立てないことだ」とTaylor氏は話します。

計画を立てると物事がはっきりと見えてきます。どうすれば目標を達成できるか、その目標を日常生活に組み込むにはどうすればいいかがわかってきます。Taylor氏は次のような質問を自分にするようにと言います。「目標を達成するには毎月いくら貯金すればいい? それは現実的な額? 副業の収入を貯金に回せる?」

また、頭の中で考えるだけでなく、手を使って書き出すことも重要です。たとえば、ノートパソコンを買うために貯金しようと思い立ったなら、毎月いくら貯金するかを書き出すとともに、そのために何を我慢するのかも書き出すようにします。「目標を書き出すというのは1つの行動です。アイデアから行動に移ったとたんに、さらなる行動を起こす可能性が高まります」と臨床心理学者のBen Michaelis博士は話しています。

進捗管理をしない

目標を着実に達成するためには、意識を高く持つだけでなく、きちんと進捗を管理しなければなりません。どこまで進んだかを確認し、中間地点や、4分の3地点に到達したときに、お祝いをするようにすれば、モチベーションも維持しやすくなります。

そのためには、最終目標を毎週、あるいは毎日の目標に分解し、進捗を頻繁にチェックすると良い、と臨床ソーシャルワーカーの資格を持つ臨床セラピスト兼ライフコーチのCara Maksimow氏はアドバイスしています。

「週ごとの達成目標を決め、1日をはじめるときに、目指す目標は何か、これまでにどこまで達成したのか、今日は何をすべきなのかを確認するように」とMaksimow氏は話します。進捗をビジュアルに確認できるスプレッドシートやチャートを作成し、それを自分をはげまし、ゴールまでの距離を視覚化するのに使いましょう。

Are You Sabotaging Your Short-Term Money Goals? | LearnVest

Natasha Burton(原文/訳:伊藤貴之)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next