特集
カテゴリー
タグ
メディア

キャンドルに火を灯す前に「芯切り」が必要な理由

キャンドルに火を灯す前に「芯切り」が必要な理由

カーテンの近くで火をつけないこと、火災を引き起こす危険性がないことを確認する以外にも、キャンドルに火をつける際に守るべきことがあります。たとえば、毎回火をつける前に、キャンドルの芯をトリムする必要があります。その理由は次のとおり。「ビジネス・インサイダー」のサイトで、Yankee Candle社の元従業員が、正しい方法でキャンドルを燃やすためのヒントをいくつかシェアしています。そのなかで最も使えるアドバイスのひとつが、キャンドルの芯を約3ミリから約6.4ミリの長さに切りそろえるというものです。Caroline Praderio氏は次のように説明しています。

はさみ、爪切り(個人的にはこちらを気に入っています)、または特殊なウィックトリマーを使ってもいいです。何を使うにしても、いつも芯を切りそろえてください。トリムされた芯は、よりクリーンで、より明るい炎を作りだします。トリムされていない芯は、その炎をぼんやりとくすんだものにする、奇妙なキノコ風の形になる可能性が高くなります。

それ以外にも、トリムされた芯はキャンドルを清潔に保ち、キャンドルの入った瓶のふちに見栄えを悪くする黒いすすをつけません。トリムしたあとの写真を確認するなら下の原文記事を確認してみてください。

You've been burning candles wrong your whole life | Business Insider

Kristin Wong(原文/訳:コニャック

Photo by Comfreak.
swiper-button-prev
swiper-button-next