特集
カテゴリー
タグ
メディア

未来は現実になった?すでに実現しているSF技術4選

未来は現実になった?すでに実現しているSF技術4選

MakeUseOf:私はSFが大好きです。なぜならSFは多くの場合、私たちの社会がこの先どうなるか、そしてどんな未来が待ち受けているのかについて、明るい展望を描いてくれるからです。

SFの開祖として知られるジュール・ヴェルヌから、「スタートレック」の生みの親と呼ばれるジーン・ロッデンベリー、そして「スター・ウォーズ」でその名をとどろかせたジョージ・ルーカスに至るSF作家たちは、技術がもたらす未来について数多くの大胆な予測をし、その多くが現実のものとなっています。今回は、現在の社会で実現している、SFで描かれた4つの技術を紹介しましょう。こんな時代に生きているなんて、わくわくしますよね!

1. 犯罪予測

実際の犯行が行われる前に法執行機関が犯罪を阻止できるとしたら、どうなるでしょうか? これは、2002年に映画化されたフィリップ・K・ディックの短編小説「マイノリティ・リポート」で使われたアイデアです。この話の中では、殺人事件が起きる前に犯行を予知できる能力を突然変異によって持った3人の予言者が、警察の犯罪予防局のもとで、殺人事件の阻止に取り組みます。

突然変異によって超自然的な能力を持ったミュータントは、SF小説でも特に彩を添える存在ですが、犯行前に犯罪を予知しようというアイデア自体は、それほど斬新なものではありません。

米ロサンゼルス市警察(LAPD)では、ビッグデータと予測分析技術を駆使し、いつ、どこで犯罪が発生するかを推測しています。この取り組みは実を結んでおり、そのソフトウェアが導入された地域では、強盗事件で33%、暴力事件で21%、窃盗犯罪で12%という発生件数の減少が見られました。これは、他と比較して犯罪率が高く、規模の大きな都市であるロサンゼルスという場所を考えれば、非常に大きな成果といえます。

このソフトウェアは、地震の余震予測に使われるプログラムをベースに作られています。LAPDは、過去80年の間に発生した1300万件に及ぶ犯罪記録を使用してきました。このデータは、ある犯罪が起きたあとに、別のどのような犯罪が発生するかを予測するために使われています。これらの予測は、パトロールの計画や警官の配置計画を決めるための判断材料となっているのです。

2. 人間の言葉を話すコンピューター

スタートレックに登場するアンドロイド「データ」や、『2001年宇宙の旅』に登場する高性能コンピューター「HAL 9000」、「her/世界でひとつの彼女」に登場する人工知能型OS「サマンサ」など、SFの世界では、友人や同僚として会話ができるコンピューターが出現すると予測されてきました。SF作家が思い描く未来の体験にはおそらく及ばないものの、私たちはその領域に近づきつつあります。例えば、CommBadge Technologiesが開発したデバイスを見てみましょう。

このデバイスに貢献しているのは、音声認識技術と自然言語処理(NLP)システムという、2つの興味深い技術(英文記事)です。

音声認識技術は、人の口から発音されたアナログ音波をテキストに変換します。この技術自体はかなり昔から存在していますが、正確さと効率性の点でしばらく足踏み状態が続いていました。ですが今では、書類全文の口述筆記(英文記事)に使用できるほど、大きな進歩を遂げています。

NLPシステムは、そうして生成されたテキストをもとに、その意味を解釈します。最新のNLPアルゴリズムは、機械学習に基づいています。そのアルゴリズムの多くは、ユーザーが望んでいることを判断し、これまでのやりとりから学習する人工神経ネットワークを活用しています。

その結果として生まれたのが、Appleの「Siri」(英文記事)やMicrosoftの「Cortana」(英文記事)です。こうしたプログラムでは、スマートフォンに向かって質問すると、意味のある応答を得ることができます(もちろん、口述筆記も可能です)。応答に対してさらに質問を投げかけることもでき、まるでほんとうに会話をしているような気分になります。

3. パーソナル・コミュニケーター

スタートレックのカーク船長は、ミッションで離船中にエンタープライズ号と連絡を取らなければならない時、頼りになるコミュニケーターを使っていました。これはフリップ式のデバイスで、エンタープライズ号に残っている誰とでもリアルタイムで話ができる優れものです。1960年代末期には、実現できるなんてまったく考えられない装置でした。

ところが1990年代に入ると、フリップ式の携帯電話が普及し始めました。これらは機能的にも形状的にも、本質的にロッデンベリーが想像していたものと変わりません。パズルゲームの「Snake」などでも遊べるというおまけの利点もあります。

そうです。携帯電話は基本的に、スタートレックのコミュニケーターのようなものだと主張することもできるのです。

スタートレックのその後のシリーズでは、ハンドヘルド型だったデバイスが、ユニフォームにピンで刺すバッジ(に組み込まれた機器)に変わりました。私たちはまだ、スタートレック・シリーズの中でジャン=リュック・ピカードやベンジャミン・シスコが付けていたような、おしゃれで洗練されたものを手にしていませんが、それもやがて実現することでしょう。

そのほかの有名なSF作品でも、通信技術の将来が想像されています。もっとも、現実のほうが少し先に進んでしまいましたが。「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」を例にとると、ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンは、板ガムほどの大きさの「コムリンク」と呼ばれるコミュニケーターを使っていました。おそらくルーカス監督は、消費者向け技術の小型化が急速に進んでいた制作当時のトレンドを反映するつもりだったのでしょう。

それから間もなくして、車のキーフォブほどの大きさのケースに収まる携帯電話が登場しました。私が最初に使ったAndroid搭載スマートフォンは、マッチ箱くらいのサイズ「Sony Ericsson Xperia Mini 10」という機種でした。ルーカス監督の想像はそう的外れではなかったといえるでしょう。

4. フード・レプリケーター

スタートレックの世界の中でも、もっとも意欲的な発明の1つと思われるのが、物質レプリケーターです。これは文字通り、ほぼ何もない所から、食べ物、水、衣服、果ては武器に至るまで、何でも作り出してしまうマシンです。英語版Wikipediaでは、これを次のように説明しています。

レプリケーターは、宇宙のあらゆる場所に豊富に存在する原子以下の粒子を再構築することにより、分子を形成および配列し、目的の物体を作り出します。例えばポークチョップを作る場合、レプリケーターは炭素、水素、窒素などの原子を配列してアミノ酸、タンパク質、細胞を構成。そうした分子を組み立ててポークチョップを作るという具合です。

今の私たちにとって、レプリケーターの実現は長い道のりでしょう。ですがたぶん、いや、もしかしたらですが、それに近いところまで来ているのかもしれません。現時点で、私たちは3Dプリンタ(英文記事)を実現しています。3Dプリンタを使えば、ベースとなる食材からレシピ通りに料理を作ることもできます。その中でも有名なのは、バルセロナのスタートアップ企業Natural Machinesがまもなくリリースする「Foodini」です。

Foodiniが目指しているのは、オーブンでピザを焼くように、ヘルシーな料理を簡単に作れるようにすることです。例えば、新鮮なラビオリを作りたい場合は、こんな具合です。

...生地と具材をFoodiniに装填すると、Foodiniがラビオリを1個ずつ印刷していきます。パスタの層と具材の層を作り、さらにパスタの層で蓋をするという食材の3D印刷により、ラビオリを構築するわけです。手作業でするのと同じことを、Foodiniなら自動でできるのです。

スタートレックのレプリケーターになぞらえられるもう1つの製品が、「Genie」です。その仕組みを説明するのはちょっと難しいのですが、Keurigのコーヒーメーカーが夕食を調理してくれるようなものだと思ってください。ヘルシーな天然素材が詰められた容器を装着するだけで、マシンがまさに魔法を見せてくれるというわけです。

ジーン・ロッデンベリーが思いを馳せた「世界から飢餓をなくすマシン」にはまだ遠く及びませんが、それが実現するのも、はるか彼方の未来ではないのかもしれません。

We're in the Future: 4 Sci-Fi Technologies That Already Exist|MakeUseOf

Matthew Hughes(原文/訳:風見隆/ガリレオ)

Photo by Shutterstock
swiper-button-prev
swiper-button-next