特集
カテゴリー
タグ
メディア

カードも現金もいつも使えるわけではない。知っておくと便利な「海外タクシーでの支払い方」3パターン【今日のビジネス英語】

カードも現金もいつも使えるわけではない。知っておくと便利な「海外タクシーでの支払い方」3パターン【今日のビジネス英語】

海外のタクシーを利用するときはできればカードで支払いたいものですが、すべてのタクシーでカードが使えるわけではありません。「じゃあ現金で払えればいいんでしょ」と思うかもしれませんが、地域によっては現金が使えず、カードしか受け付けないことがあります。

今回は無料で「生きたビジネス英語」を学べる英語動画アプリ『BeNative』より、「海外のタクシーで困らないために知っておきたい支払い方」を3パターンご紹介します。まずは以下の動画で、どんな問題が起こりうるのかを確認してみましょう。

パターン1:カードが使えない

動画の27秒から、以下のようなやりとりが交わされています。

乗客:Here's Visa.
(支払いは)このVisaカードで。

運転手:We don't take credit cards. Cash only please.
クレジットカードは受け付けていないんです。現金のみなんです。

通常は運転手が以下のように運賃を伝えてくるはずなので、現金で支払えば問題ありません。

運転手:Your total is 10 dollars.
10ドルになります。

現金の持ち合わせがなかったらどうすべきか?

しかし、うっかり手持ちがなかったらどうすればいいのでしょうか? そんなときは、以下のように運転手に伝えましょう。

乗客:Oh. I don't have any cash. Can you take me to the closest ATM machine?
ああ。現金は持ってないです。一番近いATMまで連れていってもらえますか?

パターン2:現金が使えない

動画の45秒からのように、おつりがないなどの理由で現金が使えないこともありえます。

乗客:Do you have change for a 100 (dollars)?
100ドルでおつりはありますか?

運転手:No, Sorry. Smaller bills please.
いいえ、申し訳ございません。細かいお金でお願いします。

もしカードが使えそうなら、次のように言ってカードを手渡しましょう。

乗客: Here you go. Please charge it.
どうぞ。このカードで支払ってください。

パターン3:別なカードで支払わないといけない

動画の1分44秒からのように、エラーなどのせいでカードが使えず、以下のように言われ、別のカードで支払わなければならないことがあります。

運転手:(Your card has been) declined.
あなたのクレジットカードは拒否されました(使えませんでした)。

そんなときは次のように言って、別のカードを渡せばOKです。

乗客:Let me try the other card. Here you go.
違うカードでやってみてください。どうぞ。

以下の動画では基本的な表現や支払い方から解説していますので、こちらもぜひご覧ください。

BeNativeではたくさんの英語学習コンテンツを取りそろえ、たくさん学習すると現金やAmazonギフト券、Quoカードなどがもらえるチャンスもあるという画期的なシステムを採用しています。この記事を見た方は特別に、BeNativeアプリを1週間「広告なし」で利用できる無料トライアルクーポンを利用可能ですので、ぜひ以下のリンクからダウンロードして利用してみてください。

クーポンコード:4C506C17

コードの使い方
  • Android:アプリ内でコードを入力
  • iOS:
    1. ブラウザでwww.benative.jpにアクセス
    2. 会員登録(スマホではメインページ一番下の「ご登録」から、PCでは画面右上から)
    3. マイページの「クーポンコード」の欄にコードを入力した後、アプリをDLして学習開始

アプリダウンロードはこちらから
badge_as.pngbadge_gp.png

(神山拓生)

Photo by Shutterstock.

神山拓生

swiper-button-prev
swiper-button-next