特集
カテゴリー
タグ
メディア

科学に基づく3つのサイコパスの特徴

科学に基づく3つのサイコパスの特徴

Inc. : 最近の研究では、CEO(最高経営責任者)の5人に1人がサイコパスだといわれています。そして、共感能力が欠如しているサイコパスの多くが、普通の人間と見分けがつかなくなっているのです。

斧を振り回している殺人犯のようなわかりやすい特徴がないサイコパスを、どのように特定すれば良いのでしょうか。

「共感能力」や「後悔」という感情が欠けているサイコパスですが、危険人物に思われないように生活する方法を知っていて、魅力的な人に見えることがあります。

そこで今回は、科学的データに基づいて明らかになったサイコパスの特徴を3つご紹介します。

1. 夜型人間

20161126_psychopass_science_2.jpg

夜型の人が必ずサイコパスではないのはもちろんですが、サイコパスは夜遅くまで起きていることが多いという科学的な結果が出ています。

この相関関係を記録した心理学研究者のPeter K. Jonason氏によると、「夜遅くまで起きている人たちは、サソリやライオンといった夜の捕食者に似ています。こういった人たちは、自分の容姿や体形に異常なまでに愛着を感じるナルシシズム、目的のためなら手段を選ばない自己中心的なマキアベリ主義、感情が欠如しており無慈悲なサイコパス性といった特徴を持つダークトライアドの性質が高いといえます」と述べています。

2. コーヒー中毒

20161126_psychopass_science_3.jpg

もちろん、サイコパスでないコーヒー中毒者はたくさんいます。

しかし、科学データによると「苦味を好むこと」とサイコパスは関係しているといわれています。

「苦味を好むことはサイコパス性、ナルシズム、サディズムと関係がある」と「PsyBlog」(心理学サイト)は報告しています。

逆に言うと、「苦味が苦手な人は協調性」があると研究者は見ています。

3. つられてあくびをしない

20161126_psychopass_science_4.jpg

「誰かがあくびをした後に自分もする」といったような、日常の動作にもサイコパスの共感能力の欠如は現れます。

PsyBlog」では「研究によると、サイコパスの傾向がある人は、誰かがあくびをしているのを見て、自分もするということは少ないという結果が出ています」と指摘しています。

3 Unexpected Signs That Someone Is a Psychopath, According to Science | Inc.

Jessica Stillman(訳:コニャック

Photo by Shutterstock
swiper-button-prev
swiper-button-next