特集
カテゴリー
タグ
メディア
TOEICのヒアリングを徹底的に鍛えるアプリ

いわゆる「英語耳」を作る方法がさまざまな形で提案され、今や英語学習のひとつの流れを作っているといわれています。「聞くだけ」的なキャッチコピーを目にしたことがある方も多いはずです。

その中にあって、『鬼』というスパルタ方針を打ち出しているのが『TOEICテスト鬼の変速リスニング』。TOEICテストのPart3(会話問題)とPart4(説明文問題)対策用の学習アプリです。161121_ausp_oni2.jpg

「英語が聞けるようになりたい」といったふんわりした目標ではなく、フォーカスがハッキリTOEICに向かっているのが特長です。カリキュラムは、1日約20分のものが6日間、それを4週間にわたって続けるというもの。つまり、1ヵ月で"速くて長い英会話"を聞き取る力が身につくということになります。TOEIC学習者にとっては、まさに「鬼に金棒」的なありがたい存在です。

TOEIC長文リスニング攻略を目的に、超高速の2.5倍速からゆっくりの0.7倍速までで英語を聞き込んでいくのが基本の学習スタイル。この2.5倍速が「鬼速」で2倍が「爆速」、1.5倍が「快速」、1.0倍(等倍)が「並速」、0.7倍が「亀速」とちょっと茶目っ気のあるネーミングで呼ばれていますが、内容は硬派です。

161121_ausp_oni3.jpg

画面構成はいたってシンプルなもので、これは逆に集中力とヤル気をアップしてくれる演出になっていると感じられます。コツは、とにかく最初にコンテンツ内の「はじめに」と「使い方」をよく読んで、学習の進め方をマスターすることに尽きると思います。

実際に「鬼速」を体験してみると、正直、はじめは何を言っているのかわからないレベルでかなり面食らいますが、何度か聞いていると『TOEICテスト鬼の変速リスニング』の説明にある、本番のテストが「ゆっくり」感じられるようになるというのは本当かもしれない...と思えてきます。

161121_ausp_oni4.jpg

このトレーニングを繰り返すことで、英語の音の特徴が分かり、聞き取り精度があがるというのですから、かなり心強い教材でしょう。auスマートパスユーザーなら、追加料金を支払うことなく『TOEICテスト鬼の変速リスニング for au』を利用できるのもうれしいところ。TOEIC受験を考えている方や、英語の強力なリスニング力を身につけたい方はぜひお試しください。

auスマートパスからのダウンロード

アプリDL_スマパスiOSアプリDL_スマパスAndroid

アプリダウンロードはこちらから
badge_as.png

(ビッグ太)

ビッグ太

swiper-button-prev
swiper-button-next