特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事やキャリアで致命的な「やってはいけない12の失敗」

仕事やキャリアで致命的な「やってはいけない12の失敗」

Inc.:多くの人が、仕事で大きな失敗をするのを恐れています。誰もがやるありふれたミスではなく、ニュースのネタになったり、赤っ恥をさらすような失敗です。

仕事やキャリアにおける失敗では、手遅れになることを一番心配した方がいいです。時には、遅すぎて気付いていないこともあります。今回は、仕事やキャリアにおいて致命的な、やってはいけない12の失敗を紹介しましょう。

1. 惰性で働く

数年同じ会社にいると、職場や仕事はかなり快適になると思います。それ自体は悪いことではありませんが、努力するのをやめたらおしまいです。誰も気付いていないと思うかもしれませんが、周りも気付いています。日々、努力して何かをするようにしましょう。努力して仕事に反映されれば、そのことにも周りは気付きます。

2. 大局的な視点がない

仕事に忙殺されていたり、かなり野心的な人は、大局的な視点を失って、仕事や計画、プロセスで迷ってしまうことがあります。細かいことに囚われて常に身動きが取れなくなる人は、一歩引いて、俯瞰で物事を見れなくなっています。大局的に見れば、間違った方向に進んでいることを、正しい方向へと導けるかもしれません。

3. 隣の芝生が青いと思う

常に他人の職場や、別の業界ですらチェックして、新しいものは良いものだろうと考える人がいます。新しいものが良いもののこともあれば、そうではないこともあります。仕事や会社を転々としている人は決して良くは思われません。転職したいとか、どこか違うところに行きたいと考えているなら、戦略的になり、まずは自分のやるべき仕事をやりましょう。

4. スキルが時代遅れになっても何もしない

テクノロジーの進化はあまりにも速いので、業界のトップに居続け、自分のスキルが時代遅れにならないようにすることがとても重要です。年を取ると特に、落ちぶれたという烙印を押されたくないでしょう。クラスや講座を受け、本を読み、仕事のつながりを強めるなど、時代に取り残されないように何でもやっていきましょう。

5. 自分に自信がない

自分に自信がない人に、上司や同僚はクライアントや顧客は、どうしてあなたに期待したり、信用したりできるでしょうか? 自分ができることを積み上げて、自信をつけていきましょう。頭の中でネガティブな心の声が聞こえてきたら、シャットアウトすることから始めます。その代わりに、自分の強み、才能、能力を思い出すようにします。

6. すぐに投げ出す

物事が深刻な悪い状況になったら、そこから抜け出したくなる気持ちはわかります。逃げることで一瞬気が楽になるかもしれませんが、結局後でその代償は高くつきます。その場に踏みとどまって、物事がうまくいくようにやってみましょう。すぐに諦めたりやめてしまう人と思われるより、粘り強い人だと思われた方がはるかに良いです。

7. 直感を信じない

アインシュタインは、大きな発見はどれも、理性的な考えをやめた時に生まれたと言っていました。自分の直感が信じられない人は、クリエイティブやイノベーティブなものに結びつく、強力な源を自ら断ち切っています。

8. 間違ったことにエネルギーを使う

生産的ではないのに忙しい状態や、価値を生み出していないのにがむしゃらに働くような状態に囚われることはよくあります。大きな価値を生み、会社や組織を前進させるような仕事に集中しましょう。

9. 自分の価値がわかっているのに何もしない

自分に価値があるとわかっているなら、それを示すことを恐れないでください。昇給や昇進するだけの仕事をしているなら、それを願い出ましょう。自分を売り込む時の気まずさを乗り越えましょう。人にも寛容で寛大であれば、傲慢な人だという印象は与えません。

10. コップには水が半分"しか"入ってないと思う

最強の組織には、上手くいっていないことにばかり目が行く悲観主義者は少ししかいません。これは問題を見過ごせということではなく、問題の解決策や、前向きな姿勢を維持することに意識を向けなさいという意味です。

11. 勤務中に就活する

ちょっと考えればわかります。勤務中のオンラインの履歴に、プライベート使用のものがあってはいけません。うっかり危険なメールを送ったり、通りすがりの誰かがあなたのパソコン画面を見ることも気をつけましょう。(社内で電話をしていたら誰かが聞いているかもしれません)そんなことをしたら、あなたの評価がさらに悪くなるだけです。

12. 会社や仕事が一生安泰だと思い込む

どんな会社や仕事も、自分の仕事の成果とはまったく関係のない理由で、いつでも終わる可能性はあります。自分のやるべきことにベストを尽くし、不測の自体に備えていましょう。最悪の事態になったら、いつでも新しいチャンスをつかめるように、常に準備をしておきましょう。

自分の仕事やキャリアを常に向上させ、前進させ続けることで、後悔のない仕事人生を送ることができます。

12 Deadly Career Mistakes and How to Avoid Them|Inc.

Lolly Daskal(訳:的野裕子)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next