特集
カテゴリー
タグ
メディア

2016年10月Apple Special Eventまとめ。MacBook Proでスマホ的な操作を可能にするTouch Barの実力はいかに?

2016年10月Apple Special Eventまとめ。MacBook Proでスマホ的な操作を可能にするTouch Barの実力はいかに?

日本時間2016年10月28日未明、Apple Special Eventが開催され、3種類の新型MacBook Proのスペックとファンクションキーに代わる新しい入力デバイス「Touch Bar」の詳細が明らかにされました。

基本スペックと価格

161028apple_special_event_2.jpg

15インチモデル(Touch Bar搭載型のみ)1種、13インチモデル(Touch Bar搭載型/従来通りファンクションキー搭載型)の2種が10月28日よりオーダー開始になります。15インチモデルは写真・動画編集ソフトなどをフル活用するプロユースを想定したハイエンドマシンで、13インチモデルはCPU・メモリ・GPUの性能が抑えられているミドルスペックマシンです。

13インチ13インチ15インチ
Touch Barなしありあり
CPU2.0GHz dual-core Intel Core i52.9GHz dual-core Intel Core i52.6GHz quad-core Intel Core i7
GPUIntel Iris Graphics 540Intel Iris Graphics 550Radeon Pro 450 graphics
メモリ8GB8GB16GB
ストレージ256GB SSD256GB SSD256GB SSD
解像度2560x1600ピクセル *2560x1600ピクセル *2560x1600ピクセル *
重量1.37kg1.37kg1.87kg
価格(税別)14万4800円17万800円〜23万8800円〜

* すべてRetinaディスプレイ

15インチモデル、13インチモデルともに従来の同サイズMacBookよりもスリム化し、ディスプレイも明るくなるなど、スペックアップしています。また、ポートはすべてThunderboltで統一され、どのポートにケーブルを差し込んでも充電できるといった、地味ながら嬉しい改良点も。

161028apple_special_event_keyboad.jpg

キーボードは打鍵感が浅くユーザーによって好みが分かれた、2015年に発表された12インチMacBookと同じバタフライ構造のものを採用しています。

新要素のTouch BarはMacBookに搭載された「液晶型入力デバイス」

161028apple_special_event_3.jpg

スワイプして複数の画像をプレビューしているところ

新型MacBook Proの特徴であるTouch Barを一言で言い表すなら「キーボードに搭載されたスマホの液晶」です。タップやスワイプ入力が可能であり、「押すだけ」のキーよりも多彩な入力が可能です。ファンクションキーの代わりになる入力装置で、Touch Barモデルにはファンクションキーはありません。

161028apple_special_event_4.jpg

通話に応答しているところ

Touch Barはアクティブになっているアプリに応じて、メニューバーやショートカットキーで起動していた機能(『メール』であればタグ付け機能、Photoshopであれば色味の調整など)を起動するボタンを表示します。最大の特徴は、機能を起動するだけでなくTouch Barから操作を行えることです。たとえば、『メール』でタグ付け機能をタップして起動すると、登録されているタグを選択するボタンが表示され、『Photoshop』で色味の調整を起動すれば、色調がバー表示され指で操作することで処理をかけることができる、といった具合です。

Appleの動画がわかりやすいので、そちらもご参照ください。

また、Touch BarではTouch IDによる指紋認証が利用可能です。macOSでは複数のユーザーを登録できますが、Touch IDに触れるだけでユーザー切り替えを行ってくれるとのこと。家族で利用したい人には便利な機能かもしれません。

「PCならではの多機能さ×スマホ的な直感的な操作を導入したい」というAppleの新しいチャレンジだと思われます。発表を見る限りではファンクションキーよりも使いやすそうですが、トラックパッドから離れた位置にあるので人によっては使いづらいと感じるかもしれません。

11インチのMacBook Airは廃盤。最小モデルは12インチのMacBookに

この記事を執筆している2016年10月28日早朝時点で、Apple Storeから11インチのMacBook Airが姿を消しています(13インチのMacBook Airはまだ販売されています)。もし13インチより小型のMacBookが欲しいという方は、2015年に発売された12インチのMacBookが11インチのMacBook Airに近いサイズですので、そちらをお買い求めください。

また、最安のMacBookは、13インチのMacBook Air(税別98800円)に。

iOS・Apple TV用新アプリ「TV」

161028apple_special_event_5.jpg

iPhoneやiPad、Apple TVでのTV番組視聴をより手軽にする「TV」というアプリも発表されました。動画視聴用のアプリは氾濫状態ですが、このアプリを使うことで動画アプリを横断して検索し、見たい番組を見つけられるようになります。生中継中のスポーツ試合などをSiriから検索できるなど、かなり便利そうなのですが、2016年12月に米国でリリースされるとの発表のみで、日本で使えるようになるのはもっと先になりそうです。

MacBook Pro - Apple(日本)

(神山拓生)

神山拓生

swiper-button-prev
swiper-button-next