特集
カテゴリー
タグ
メディア

風味豊かなバターは3分で手づくりできる【今日のライフハックツール】

風味豊かなバターは3分で手づくりできる【今日のライフハックツール】

料理に使いたい乳製品のひとつ「バター」は、一般的に200gほどのブロック状で販売されています。1人暮らしの場合では量が多すぎて、食べきる前に酸化して風味が落ち、劣化したバターを無駄に捨ててしまうこともあるでしょう。

ふんわりバタークック』は生クリームをシェイクするだけで、簡単に新鮮なバターが手作りできるキッチンツールです。

トーストに塗ったり料理に使ったりと、使い切れる量のバターをその都度作ったほうが、無駄なく美味しく味わえますよね。

161006_buttercook_02.jpg

バターを作る際に加える食塩の量は自分で調節できますので、市販のバターに含まれる塩分が気になる方にもおすすめです。

一度に作れるバターの量は、生クリーム約80ccが目安です。必ず「原材料名:クリーム」「乳脂肪分:45%以上」と明記された生クリームを使用して下さい。

ふんわりバタークック』に生クリームと食塩を入れたら、シリコン製の撹拌スプーンも一緒に入れます。上下の透明容器と本体をしっかり閉じたら、あとはひたすらシェイク!シェイク! およそ3~5分で手作りバターの完成です。

161006_buttercook_03.jpg

出来上がり直後は、ホイップクリームのような柔らかさですが、冷蔵庫で30分寝かせることで、バターが固まり安定します。

付属のレシピカードや『公式レシピサイト』には、基本のバターの他、様々なフレーバーバターや、ドレッシングジェラートの作り方も掲載されており、自炊派には強い味方になります。

バターやドレッシングなど、買うのが当たり前だった食品を手作りすることは、料理のレパートリーを増やすきっかけにもなることでしょう。

本体カラーはグリーンとホワイトの2色です。なお、食器洗い乾燥機は使用できませんのでご注意ください。

ふんわりバタークック|東洋アルミニウム

(藤加祐子)

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next