特集
カテゴリー
タグ
メディア

手のひらサイズのくす玉「HAPPY BALL」は、何度でも割れるお祝い必須アイテム

machi-ya

手のひらサイズのくす玉「HAPPY BALL」は、何度でも割れるお祝い必須アイテム

秋も春と同様、結婚、出産、昇進など「お祝い事」の多いシーズンですし、誰にでも個人的な記念日やお祝い事ってありますよね。

machi-yaに出店中の「FLATROOM」では、そんなお祝いの気持ちを手軽に楽しくプレゼントできる、くす玉「HAPPY BALL PARTY」シリーズを販売しています。

「FLATROOM」のプロダクトは、本質的でポジティブな表現を目指しています。ヒト・モノ・コトが豊かにつながるコミュニケーションの構築を目指すのが、デザインコンセプトです。

161003_happyball_02_R.jpg

くす玉『HAPPY BALL PARTYシリーズ GLAD』はちょっと派手めのカラーで、一気に場が盛り上がりそうです。

くす玉は、古くから日本でお祝い事に使われ、イベント用の大きなサイズが思い浮かびますが、割ったことのある人は少ないのではないでしょうか。

その「くす玉」を手頃なサイズに仕上げたのが「HAPPY BALL PARTY」シリーズです。

161003_happyball_03_R.jpg

本体サイズは直径約7.5cm。「手乗りくす玉」と言っても良いほどの大きさです。中の垂れ幕部分にはメッセージが書けるため、超個人的なお祝い事でも適したメッセージを仕込むことができるでしょう。

161003_happyball_04_R.jpg

シンプルな配色のくす玉『HAPPY BALL PARTYシリーズ JOY』。堅苦しいオフィスの雰囲気でも受け入れられそうです。

HAPPY BALL PARTYは、紙テープも紙吹雪も使わないタイプです。開いた後に掃除する必要がないので、デスク上でもお祝いが可能。職場でこっそり盛り上がるのにも良さそう。

161003_happyball_05_R.jpg

底面がマグネット仕様のため、繰り返し祝えるのが「HAPPY BALL」の大きな特徴です。

161003_happyball_06_R.jpg

くす玉『HAPPY BALL PARTYシリーズ FUN』は積み木のような明るいデザインが印象的です。

一言にお祝い事といっても様々。後輩が資格を取得した、恋人と付き合い始めてちょうど1年、可愛い甥っ子姪っ子の誕生日!などなど、暮らしの数だけお祝い事があるものです。

サイズは小さくても大きく気持ちを表せる「HAPPY BALL」、贈ってみませんか?

machi-ya

(藤加祐子)

swiper-button-prev
swiper-button-next