特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macに本気を出させてTime Machineバックアップを高速化するコマンド

  • カテゴリー:
  • TOOL
Macに本気を出させてTime Machineバックアップを高速化するコマンド

Time Machineはコンピューターのバックアップを作成できる素晴らしいサービスです。デフォルト設定では、CPUの負荷はあまり大きくありません。通常は何の不自由もなく使用できますが、「できるだけ早くバックアップをとりたい」と思うこともたまにはあるでしょう。そんなときにバックアップを高速化してくれるターミナルコマンドが「Defaults-Write」で紹介されています。(アプリケーション→ユーティリティーから)「ターミナル」を開き、次の文字列を入力するだけです。

sudo sysctl debug.lowpri_throttle_enabled=0

このコマンドを入力すると、Time Machineのリミッターが無効になるため、バックアップの作成が大幅にスピードアップします(その間、CPUの処理能力は低下します)。バックアップが完了したら、以下のコマンドを入力してください。

sudo sysctl debug.lowpri_throttle_enabled=1

このコマンドはいつも使用できるわけではありませんし、Time Machineにこのようなパフォーマンスをいつも期待することはできません。しかし、外出前に急いでバックアップをとりたいときなどは便利でしょう。

Speed up Time Machine backupso | Defaults-Write

Thorin Klosowski(原文/訳:米井香織/ガリレオ)

swiper-button-prev
swiper-button-next