特集
カテゴリー
タグ
メディア

非合理的な決定を下してしまう人間の心理とは?

非合理的な決定を下してしまう人間の心理とは?

どうして私たちはなにかの決定を下すとき、データを無視して自分の勘で決めてしまうことがよくあるのでしょうか? これは特に、なにかの確率を予想するときに当てはまります。

私たちの脳は数字が苦手なのでしょうか? それともほかに、直感が見当違いをするのには理由があるのでしょうか?

このTED-Edの動画で、Sara Garofalo氏はどうして私たちが決定を下すときに論理的にそのプロセスを踏まないのかについて理由を説明しました。その理由は、私たちの脳が発見的学習をすることに関係しています。

私たちの脳は問題解決をするときか過去の経験に基づいて決定を下すのです。言い換えれば、直感に従うということです。でも、自分の直感というのは、確固とした論理や数字を、そのときどきの状況やさまざまな認知バイアスに合わせて考慮に入れるわけでは、必ずしもありません。

そうだとしたら、どうして私たちは判断を下すとき、こんな劣った思考回路を未だに持っているのでしょうか? その理由は、私たちが現代で直面する複雑な決定事項は自分がいる環境によって違うからです。(たとえば捕食者が後から無害だと分かったとしても、その捕食者から逃げる決定にはスピードを要します。)

幸運なことに、今日の私たちは複雑な決定事項を下すのに十分な時間がありますから、数字や確率、複数の事柄で頭を悩ませているときは直感に頼らず時間をとって考慮するのが良いでしょう。

The psychology behind irrational decisions - Sara Garofalo|TED-Ed

Andy Orin (原文/訳:wasabi)

swiper-button-prev
swiper-button-next