特集
カテゴリー
タグ
メディア

カメラが苦手でも、クオリティの高い動画が作れるアプリ

カメラが苦手でも、クオリティの高い動画が作れるアプリ

SNSでは当たり前のように見かけるようになった「動画」。もう、動画と言えばYouTubeという時代でもなく、いまや多くのSNSが動画に対応しています

仕事でも、プロジェクターを使ったPowerPointのプレゼンに動画が貼り込まれていることも増えました。聴衆の興味を引きつける上でも動画は効果的なようです。

とはいえ、動画の編集はたいへんです。クオリティの低い動画は逆効果なこともあります。そんなとき、ハイクオリティの動画を簡単に作れるのが『Viva Video』です。おそらく、現在もっとも使いやすい動画の作成アプリのひとつでしょう。160704_vivavideo.jpg

動画を新たに撮影するだけでなく、既存の動画や写真を編集してつなげ、1本の動画に仕上げることができます。テキストや吹き出し、BGMや効果音などを簡単に加えられますし、かなり高度な編集を加えることも可能です。無料で多くの特殊レンズや200種類以上の特殊エフェクトが利用できます。

20160626_au_viva2.jpg

そして、なんといっても、画面が整理されていて使いやすいのが一番の良さだと思います。何度か使えばすぐに慣れてしまうと思います。

共有機能も多彩で、作成した動画はFacebook、Youtube、Instagram、Facebook Messenger、Line、メールでシェアでき、Instagram とVineについては専用モードで撮影することもできて便利です。すぐに発信できるのは強みだと感じます。

これから動画の利用を始めたいと考えている人、クオリティアップを狙っている人、いずれにもお勧めできるアプリといえそうです。基本は無償なので、ひとまずダウンロードして試してみるのがよいでしょう。

ウォーターマークの非表示や動画の長さを無制限にするなど、追加の機能を利用するにはアプリ内での課金か、「PRO」版の購入が必要です。なお、auスマートパスユーザーは追加料金無しでAndroid版の『Viva Video Pro』が利用でき、最初から全機能を利用できます。

auスマートパスからのダウンロード

アプリDL_スマパスAndroid

アプリダウンロードはこちらから
badge_as.pngbadge_gp.png

(ビッグ太)

Photo by Shutterstock.

ビッグ太

swiper-button-prev
swiper-button-next