特集
カテゴリー
タグ
メディア

金融業界が突如デザインコンサルティングを買収しはじめた理由

DIGIDAY

金融業界が突如デザインコンサルティングを買収しはじめた理由

フィンテックスタートアップの台頭にともない、これまで堅苦しかった金融サービスや経営コンサルティングの企業がデザインに熱い視線を注いでいる。

デザインと金融、コンサルティングの接近は、最近の企業合併や買収にも見てとれる。ベンチャーキャピタルKPCBの2016年度「#DesignInTech」レポートによれば、2004年以降に買収されたデザイン会社は42社にのぼり、その半分は過去1年のあいだに行われたものだ。

たとえば、米金融持株会社キャピタルワン(Capital One)はデザインスタジオのモンスーン(Monsoon)を、スペイン大手銀行ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)はUXデザインコンサルティングのスプリングスタジオ(Spring Studios)を、それぞれ2015年に買収している。

そして2016年も、仏大手経営コンサルティングのキャップジェミニ(Capgemini)がデザインコンサルティングのファーレンハイト212(Fahrenheit 212)を買収した。

以下、続きは最新のデジタルマーケティング情報をいち早く伝えるDIGIDAY[日本版]のこちらの記事よりご覧ください。

デザインに突如目覚めた「金融業界」、関連企業を続々買収:スタートアップに戦々恐々? | DIGIDAY[日本版]

Photo by shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next