特集
カテゴリー
タグ
メディア

「朝ごはんが楽しくなるアイテムたち」みんなの部屋 vol.1(代々木)

roomie

「朝ごはんが楽しくなるアイテムたち」みんなの部屋 vol.1(代々木)

roomieより抜粋して転載:東京都・参宮橋にあるレトロな外観のマンション。中に入ると、すっきり整理整頓されたナチュラルな空間がありました。食事の時間を大切にしているお二人のダイニングやキッチンには、愛着のあるツールやアイテムがたくさん。「半年前にこの部屋に引っ越してから、家に帰るのが楽しみになった」と話す樋山さん夫妻のあったかい住まいをご紹介します。

名前:樋山潤さん 千恵さん

職業:ともに会社員

場所:東京都・参宮橋

面積:2LDK 50平米

家賃:16万7000円

築年数:48年 マンション

160701roomie2.jpg

お気に入りの場所

キッチン

160701roomie3.jpg

週末に朝ごはんを作るのが楽しみという千恵さん。〈柳宗理〉の鉄器ミニパンでソーセージや卵を焼くのがお気に入り。

160701roomie4.jpg

最近〈バルミューダ〉のトースターを購入して、パンを食べる機会が増えたという。「しっとりふんわり焼きあがる多幸感がたまらないんです」

作業スペース

160701roomie5.jpg

潤さんは趣味で音楽を作っており、このスペースで時間を過ごすことが多い。窓際にデスクを置いたのがポイント。「長時間の作業で疲れたら、ベランダに置いてある植物をみて癒されています。最近では枯れかけたオリーブの木から新芽がグングン出ていて、見ているだけで元気が湧いてきます」

リビング

160701roomie6.jpg

夜はソファーに座ってテレビを見たり、週末は二人で映画を見たりテレビゲームをする。最近ハマっているゲームは「ドクターマリオ」。〈無印良品〉の体にフィットするソファも活躍している。

ダイニング

160701roomie7.jpg

ふたりが一番気に入っている場所。食事はもちろん、千恵さんはここで仕事をすることも多いそう。ダイニングテーブルは西荻窪の家具屋「アンティーク慈光」で出会ったビンテージもの。

愛着が持て落ち着ける住空間づくりは、しっかり休んでやる気を充電するためのカギ。樋山さん夫妻のお部屋を参考に、家にこだわってみてもいいのでは? 以下のリンク先では、樋山さん夫妻のお気に入りアイテムや収納のコツなども紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

「朝ごはんが楽しくなるアイテムたち」みんなの部屋 vol.1(代々木) | roomie(ルーミー)

(文/中島彩、、撮影/石阪大輔

swiper-button-prev
swiper-button-next