特集
カテゴリー
タグ
メディア

アメリカの「なんでもテープで修理する文化」は本物だった【今日のライフハックツール】

アメリカの「なんでもテープで修理する文化」は本物だった【今日のライフハックツール】

折れてしまった棒や、穴の空いたパイプなどをテープで補修するというと、間に合わせの応急処置だと思われることでしょう。ところが、見た目さえ気にしなければ、そのまま使い続けることができるほど完璧に補修してしまうテープがあります。

アメリカ生まれの『FiberFix』は、樹脂の力で固めてしまうことで、テープの常識を越えた修理ができるツールです。

テープという名がつけられていますが、実際には「メッシュ状の芯材に樹脂を絡ませ硬化させる」という補修材ですので、一般的なテープとは一線を画しています。

20160626_fiberfix_01.jpg

封を開けたら、ジェル状の樹脂材がついたメッシュテープを取り出し、水またはぬるま湯(水温20℃ほどがベスト)に浸けて約10秒待ち、樹脂を活性化させます。

20160626_fiberfix_02.jpg

最初はゆるめに、巻きつけていくに従ってキツく、破損箇所を5~6周分巻くようにします。巻き終わったら、樹脂が馴染むように濡らした手袋でしごいておくといいでしょう。

20160626_fiberfix_03.jpg

最後に付属の透明テープを巻きつけます。約5分待てば硬化し、すぐに使えるようになります。

手袋は、樹脂で手を汚さないようにするためのもので、樹脂に毒性があるわけではありません。

DIY派なら、押さえておきたいアイテムだと思います。

FiberFix JAPAN

(田中宏和)

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next