特集
カテゴリー
タグ
メディア

皮膚科医による日焼けのベストな治療法と最悪な治療法とは?

皮膚科医による日焼けのベストな治療法と最悪な治療法とは?

人それぞれ自分流の日焼け治療法があると思いますが、他人の治療法の方が効き目がある場合もあります。太陽を浴びすぎてしまい皮膚がヒリヒリしてしまったときに参考にしたい、皮膚科専門医によるおすすめの治療法と、避けるべき治療法をご紹介します。

Tech InsideのYouTubeチャンネルの動画で、皮膚科医のErin Gilbert 博士は赤くなってヒリヒリしてしまう肌を治すための簡単な治療法を紹介しています。

まず、太陽の当たる場所から離れて、治るまでできる限り日陰にいましょう。タオルをボールに入れた冷たい牛乳の中に浸したら、日焼け部分に塗布します。牛乳のひんやり感が肌を心地よくさせ、牛乳に含まれる乳酸が死滅した皮膚を取り除くので治癒が早まります。その後、アロエベラを塗布して肌を保湿しましょう。それが済んだら、イブプロフェンのような抗炎症作用を持つ薬を服用して、肌の炎症を和らげると良いでしょう。

では反対に、どんな治療法を避けた方が良いのでしょうか? Gilbert博士はリドカインやベンゾカインを含む日焼け治療クリームを塗布しないようにすすめています。これら成分を含むクリームは一時的に痛みを和らげますが、治癒のプロセスを早めることはないそうです。しかも、クリームが取れるとさらに痛みを感じるので要注意です。

これからの季節、日焼けをしたときにぜひ参考にしてみてください。

How to Get Rid of a Sunburn | YouTube

Patrick Allan (原文/訳:wasabi)

Photo credit: YouthfulSins via VisualHunt.com / CC BY
swiper-button-prev
swiper-button-next