特集
カテゴリー
タグ
メディア

冷たいものを食べたときに頭がキーンと痛む理由

冷たいものを食べたときに頭がキーンと痛む理由

冷たいものを急いで食べたり飲んだりした時、突然頭がキーンと痛くなった経験があることでしょう。誰もがそうした痛みを回避したいはずです。この動画では、この頭がキーンとなる現象がどのようにして起こるかが説明されています。手短に説明すると、ここで述べられている理論によると、この頭がキーンとなる現象は、口腔や口蓋の血管の急速な収縮を脳が痛みだと解釈してしまうために起こります。冷たさを感じて血管が収縮すると、三叉神経を刺激し、脳に「顔面で何か問題が発生している」という情報を伝え、そして脳はその原因となっている行動をやめさせるよう動くのです。ここで、この原因となっている行動とは、アイスを食べたり、ミルクシェークを飲んだり、おいしいかき氷を食べることです。

事実、Mental Flossのこの動画では、片頭痛を起こしやすい人は頭がキーンとなる現象も起きやすいと解説しています。そして現在、このキーンとなる現象を研究することで、片頭痛やその他の頭痛の発生メカニズムの解明や、より効果的な治療方法の確立につながることが期待されているのです。

ではこのキーンとなる現象にはどのように対処したらよいのでしょうか? その答えは、あなたがこれまでの人生で教えられてきたことと同じです。冷たいものを食べる時は、ゆっくり食べましょう。とにかく対応策が必要だということであれば、グラス1杯の暖かい水などを飲めば、何もしないよりも少し早く回復できるでしょう。さらに詳しく知るには上の動画を再生してみてください。

Alan Henry(原文/訳:コニャック

Photo by Shutterstock
swiper-button-prev
swiper-button-next