特集
カテゴリー
タグ
メディア

撮影時に失くしやすいレンズキャップには指定席を用意する【今日のライフハックツール】

撮影時に失くしやすいレンズキャップには指定席を用意する【今日のライフハックツール】

ミラーレスカメラの普及もあり、レンズ交換式カメラを手にする人が増えてきました。コンパクトデジカメでは気にならなかったレンズキャップが、ミラーレスカメラや一眼レフカメラには必ずついてまわるものなので、撮影時に外した時のキャップの扱いは意外に迷ってしまうものです。

このレンズキャップ、ポケットに入れておくと、撮影している間に転がり出て、失くしてしまうことが少なくありません。

160604_lenscapclip_002.jpg

カメラのストラップに『キャップクリップS』を取り付け、外したキャップを目の前にクリップしておけば、気がついたら失くなっていた! という事態を防げます。

『キャップクリップS』は幅2.5cmまでのストラップに取り付け可能で、直径37mm~77mmまでのレンズキャップを挟むことができます。カラーはブラック、レッド、ホワイトの3色。キャップを目立たなく持つか、わかりやすく持つかでカラーを決めるのも一案です。

160604_lenscapclip_003.jpg

撮影時には必要ないけれど、レンズの保護には必ず必要なレンズキャップ。失くす心配を減らせば、思う存分撮影に集中できますね。

キャップクリップS|Hufa

(藤加祐子)

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next