特集
カテゴリー
タグ
メディア

福岡とサンフランシスコを直結! 2つのスタートアップ拠点が連携スタート

福岡とサンフランシスコを直結! 2つのスタートアップ拠点が連携スタート

国境を超えてのコラボレーションが、実現しやすくなりそうです。

福岡の企業支援・相談を行う「スタートアップカフェ」と、サンフランシスコのコワーキング・スペース「D.Haus」が、6月1日より連携サービスを提供します。160526_fukuoka_sanfrancisco2.jpg

2つの拠点間で情報交換を行うためのチャンネルを設けるほか、企業の紹介、セミナーへの参加、製品/サービスの展示といった支援が提供されることになります。

160526_fukuoka_sanfrancisco3.png

「D.Haus」が居を構えるサンフランシスコは、シリコンバレーと同じくサンフランシスコ・ベイエリアに接する都市。TwitterやDropboxの本拠地があり、デザインに優れたスタートアップの集う地として注目されています。スタートアップが自分のサービスを国際展開したいとき、海外の拠点がほしいときなどに、大きな助けとなるでしょう。

福岡市では、海外のスタートアップ拠点とのネットワーク構築に取り組んでおり、サンフランシスコはその第一弾になるとのこと。今後、連携する海外拠点はさらに増えていくことでしょう。日本にいながら、ベルリンやパリ、アムステルダムのチームとコラボレーションできる日も近いかもしれません。

福岡市スタートアップカフェ公式サイト|福岡市創業支援拠点

D.Haus | Co-Design the Future

(ライフハッカー編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next