特集
カテゴリー
タグ
メディア

フィンランド発!世界的なスタートアップ系イベント「Slush Asia 2016」が幕張メッセで開催中

フィンランド発!世界的なスタートアップ系イベント「Slush Asia 2016」が幕張メッセで開催中

フィンランドで生まれた世界的に有名なスタートアップの祭典「Slush Asia 2016」が、2016年5月13日と14日に幕張メッセで開催されています。Slushは2008年からフィンランドで開催されており、2015年には100カ国を超える国から15000人の参加者を集めました。昨年の2015年4月には初めて東京で「Slush Asia」が開催され、3000人以上の起業家や、学生、投資家を集めています。

非営利のイベントである「Slush」のコンセプトは、若く優秀な人材と起業家、投資家、企業関係者、ジャーナリストがつながるコミュニティを作ること。そして、革新的な企業の活動を支援することです。企業活動に国境はありません。よって、Slush Asia2016でもイベント内のスピーチ、司会、ピッチ、案内も含めて、進行はすべて英語で行われています。

世界を代表する起業家によるKeynoteスピーチやディスカッション

160513speakers1.jpg

会場は「Keynote Stage」を中心に配置されており、ここで50名以上のスピーカーがスピーチを行います。スピーカーたちの顔ぶれを一部だけ紹介すると、ソフトバンクグループの代表取締役副社長のNikesh Arora(ニケシュ・アローラ)氏、アリババグループCTOのJian Wang氏、DeNA創業者の南場智子氏、Wantedly CEOの仲暁子氏、グロービス経営大学院大学学長の堀義人氏、コメディアンでありながらIT企業で役員を務める厚切りジェイソンなど。スピーチだけではなく、対談形式のセッションも行われます。

160513speaker12.jpg
13日のKeynote Stageにて。首相夫人の安倍昭恵氏も登壇していた。

企業が出展するブースやサイドイベントも

160513venue1.jpg
会場内は霧とSlush Asiaと書かれた提灯で、独特な空間が作り上げられている。

会場内の「DEMO area」では出展企業がブースを開いています。

160513jal11.jpg
Slush Asiaのサイドイベントとして「JUNCTION ASIA」というハッカソンにも参加しているJALのブース。

160513fukuoka1.jpg
2016年2月から外国人向けのスタートアップビザの制度を始めた、福岡市のブース。福岡発のスタートアップも多く出展していた。

「Slush Asia 2016」では今年初めての試みとして、投資家とスタートアップがデータとアルゴリズムによってマッチングされるマッチメイキングツールが導入されており、Meeting Areaにてミーティングを設定できるそうです。

誰でも気軽に話しかけられる開放的な雰囲気

14日(土)のイベントでは、起業家で内閣府本府参与でもある齋藤ウィリアム浩幸氏のKeynoteスピーチや、ispace社CEOの袴田武史氏などが参加する「宇宙事業と近未来のテクノロジー」についてのパネルディスカッションなど、注目のイベントがたくさんあります。

すべて英語で進行しているということもあり、世界的な起業家に対して案外気軽に話しかけられる雰囲気がありますよ。興味のある方はぜひ幕張メッセまで足を運んでみてください。

■ Slush Asia 2016の概要 ■

日時:5月13-14日(金・土)10:00~18:00

会場:幕張メッセ (〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1)

公式サイト:http://asia.slush.org/

(文・大嶋拓人)

swiper-button-prev
swiper-button-next