特集
カテゴリー
タグ
メディア

システム手帳の感覚で使えるスケジュール管理アプリ『Refills』

システム手帳の感覚で使えるスケジュール管理アプリ『Refills』

ビジネス用のスマートフォンアプリの代表とも言えるカレンダー・スケジュール管理アプリ。入力した予定が自動的に整頓され、月単位・日単位など一覧表示を切り替えて確認しやすいため、スケジュールの調整ミスが減ります。書き込みスペースやページ数などの制限もなく、コンパクトに大量の予定や情報を管理できるのもメリットです。

160509_au_refills_01.jpg

とはいえ、昔なじみの手帳のほうが見やすいという意見もあるでしょう。紙のように見やすいスケジュール管理アプリを探しているなら、『Refills』は試してみる価値があります。

160509_au_refills_02.jpg

予定の一覧を1日/1週間/1カ月単位で表示できるのは他のアプリと同じですが、『Refills』は画面下のアイコンで表示の切り替えを即座に行えるのがポイントです。予定の空きを時間単位/日単位ですぐに確認できるので、とくに時間単位でスケジュールを持っているビジネスマンにうれしい機能でしょう。

160509_au_refills_03.jpg

一日表示では、予定が占める時間がブロックではなく線で表されています。複数の予定が重なっているケースでも、ひと目で状況が把握できます。このように、随所に紙の手帳をイメージした見た目になるよう工夫がされているのです。

160509_au_refills_04.jpg

既存のサービスとの連携も十分。Android版ではGoogleカレンダーやGoogleタスクとの同期が可能なので、複数のデバイスからスケジュールを確認・更新することができます。iOS版では、加えてiOS標準カレンダー、iOS標準リマインダーにも対応しています。

「このアプリにしかない」といえるような派手な機能こそありませんが、紙感覚で使える『Refills』はスケジュールアプリを選ぶ際の有力な選択肢のひとつといえそうです。便利さに見合ったぶん、価格は1000円前後しますが、Androidを使用しているauスマートパス会員は『Refills for Android』を追加料金なしで利用できます。

auスマートパスからのダウンロード

アプリDL_スマパスAndroid

アプリダウンロードはこちらから
badge_as.pngbadge_gp.png

(ビッグ太)

Photo credit: stirwise via Visualhunt.com / CC BY-NC-ND

ビッグ太

swiper-button-prev
swiper-button-next