特集
カテゴリー
タグ
メディア

休憩を取れるよう、どのくらい作業を続けているかを教えてくれるMac用アプリ『Aware』

休憩を取れるよう、どのくらい作業を続けているかを教えてくれるMac用アプリ『Aware』

Mac:定期的に休憩を取ることは、健康を保つだけでなく質の良い仕事をするためにもきわめて重要です。時折PCから顔を上げるよう、教えてくれるアプリはたくさんありますが、『Aware』は少し違って、皆さんがどのくらい作業を続けているかをシンプルに知らせてくれるのです。Macの無料のアプリであるAwareは、皆さんが何時間何分PCを使っているのかを検知します。バッテリーのインジケーターのようにメニューバーの中で小さなアイコンとして表示され、一見するだけでどのくらい時間が経ったのか、わかります。サイトの解説は以下の通りです。

Awareは皆さんがPCで何時間何分という形で、続けて作業をしている時間を教えてくれるアプリです。このアプリはマウスの動きとキーボードのストロークを検出し、それを作業時間としてカウントする仕組みです。マウスやキーボードが動作しない時間が続くと(休憩)、Awareはタイマーを止め、再びマウスやキーボードが動き始めたらまた作業時間をカウントしてくれます。とはいえ、作業の邪魔をすることはしません。休憩を取るように伝えるポップアップやアラームもありません。Awareはいつでも確認できるメニューバーの中で、ただ作業時間をカウントしてくれているだけのアプリなのです。

このAwareは、アラートだと作業がはかどらないときや、休憩なしにどれくらいぶっ通しで作業しているのかが気になるときには便利なアプリです。もちろん、自分でどのくらい作業を続けているかを計測することもできますが、このアプリは自動で計測してくれるので、自分で記録を付けるよりもずっと簡単です。下記のリンクから是非チェックしてみましょう。

Aware via ProductHunt

Kristin Wong(原文/訳:コニャック

swiper-button-prev
swiper-button-next