特集
カテゴリー
タグ
メディア

Appleが公式に認める:バックグラウンドのアプリを閉じてもバッテリー消費に影響しない

Appleが公式に認める:バックグラウンドのアプリを閉じてもバッテリー消費に影響しない

バッテリーが長持ちするのではと思い、iPhoneを触る度にバックグラウンドのアプリを閉じるクセがついている人も多いかもしれません。しかし、Apple社のSoftware engineering担当副社長のCraig Federighi氏によると、アプリを消してもバッテリーの長持ちには影響しないそうです。9to5Macが報じました。9to5Macの読者が、AppleのCEOであるTim Cookに「iOSのアプリを頻繁に閉じていますか? バッテリーの寿命を長くするために必要なことなのでしょうか?」というメールを送りました。Cookから返事は来ませんでしたが、かわりにFederighi氏から、「私は閉じたりしていません。バッテリーの寿命には関係ないですよ」という返事が来たそうです。

その理由は非常にシンプルです。バックグラウンドで動作しているほとんどのアプリは、メモリの中ではまったく動作していないか、フリーズしています。つまり、アプリがバックグラウンドで開いたままでもバッテリーを消費しているわけではないのです。アプリの強制終了は、バグが生じたときのみにしましょう。ただ、バックグラウンドアプリの更新、通知、また位置情報サービスがずっとオンになっているようなアプリは、かなりバッテリーを消費するのでご注意を。

Apple software SVP says quitting multitasking apps not necessary, won't offer improved battery life | 9to5Mac

Thorin Klosowski(原文/訳:コニャック

swiper-button-prev
swiper-button-next