特集
カテゴリー
タグ
メディア

アニメーションで見る重力波の動き

アニメーションで見る重力波の動き

宇宙の巨大な物体同士が衝突すると、時空構造に波紋が生じる。ここ1週間ほど、世間を賑わせている重力波のニュースですが、重力波の存在は100年も前にアインシュタインによって予言されていました。でも、実際に観測されたのは初めてのこと。重力波の観測は、ルイジアナ州とワシントン州で研究を行うLIGO( Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory)が発表したものです。

発表のあったシグナルは、2つのブラックホールの衝突によって生じたものです。Popular Scienceの Sophie Bushwickの説明によると、2つのブラックホールが近づくにつれ、お互い渦のように回転していたのだそうです。そしてより近くなるとブラックホールの回転はさらに速くなり、最後には融合して1つの巨大なブラックホールになってしまったのだそうです。この破壊的な現象により重力波が放出され、それをLIGOは「甲高い」シグナルとして捉えたのです。

下のアニメーションの動画では、Sketchfabユーザーのmoroplogoが、ブラックホールの衝突とは、またそれによって生じる重力波とはどのようなものかを解説しています。

gravitational waves

by moroplogo

on Sketchfab

ANIMATION: THE BLACK HOLE COLLISION THAT CREATED TODAY'S GRAVITATIONAL WAVE ANNOUNCEMENT|Popular Science

Sarah Fecht(訳:コニャック

Photo by Shutterstock
swiper-button-prev
swiper-button-next