特集
カテゴリー
タグ
メディア

体調に合わせて飲みたい、ハーブティー7選

cafeglobe

体調に合わせて飲みたい、ハーブティー7選

cafeglobeより転載:肌が荒れたり、お腹の調子が悪かったり、眠れなかったり。

ささいな身体の不調に悩まされることがあります。そんなときは、悩みにあわせたハーブティーを飲むことで、不調とうまく付きあえるようになるのだそう。よくある症状別に、おすすめのハーブティーを紹介します。

肌や髪のかさつきには、ネトルやスギナ茶

ダメージヘアや肌のかさつきには、ミネラルをたっぷり含んだ「ネトルティー」や「スギナ茶」がおすすめ。髪や肌、爪に必要な栄養素を補給できます。また、

ネトルティーは髪にツヤを与えるだけでなく、同量のミルクよりも多くカルシウムを含んでいます。

StyleCaster」より意訳引用

そこで、骨を丈夫にする効果も期待できそう。ネトルティーは花粉症にもよいと言われているので、スギ花粉が飛び散るこれからの季節にぴったりです。

イライラや不眠には、カモミールやバレリアン

ストレスでよく眠れない...。そんなときは、「カモミールティー」や「バレリアンティー」でリラックスしましょう。カモミールティーはリラックスタイムのハーブティーとしておなじみですが、バレリアンティーは飲んだことがない人も多いのでは?

多年生植物で和名は「セイヨウカノコソウ」。その鎮静作用から、ヨーロッパでは昔から使用されているそうです。深くリラックスしたいときにもってこいのハーブティーです。

高麗ニンジンは、エネルギーブースター

仕事中なのにダルい、集中力が続かない。そんなとき、眠気覚ましになってくれるハーブティーが「高麗ニンジン茶」。

カフェインと同様の活力を、高麗ニンジン茶は与えてくれます。

StyleCaster」より意訳引用

コーヒーばかりを飲んでしまうという人は、カフェイン摂取を控える意味でもハーブティーはおすすめです。しかも、高麗ニンジン茶にはストレスを緩和する作用も期待できるとか。

ただ、お味は独特なので、慣れるまでちょっと時間がかかるかもしれません。

お腹の調子を整えるトリファラとミント

女性に多い辛い症状といえば便秘。インドのアーユルヴェーダで使用されているミックスハーブ「トリファラ」には、整腸作用が期待できます。トリファラは粉状なので、少量をお湯で溶いて飲むのがいいでしょう。

また、消化を助けるハーブティーといえば「ペパーミントティー」。

胃のむかつきなどに悩まされているときは、ペパーミントティーはすばらしい活躍をします。

StyleCaster」より意訳引用

つい食べ過ぎてしまった後などは、ペパーミントティーを飲むと胃もたれ予防になりそうです。

さまざまな効果が期待できるハーブティー。日常に上手く取りいれていきたいところです。

StyleCaster

(メーテル徹子)

Photo by shutterstock.

swiper-button-prev
swiper-button-next