特集
カテゴリー
タグ
メディア

フライト中の耳の痛みを無理なく軽減する方法

フライト中の耳の痛みを無理なく軽減する方法

機内の気圧の変化によって耳が痛むということは、残念ですがフライト中には起こりがちです。今回、医師が推奨するその痛みを軽減する方法は、簡単かつ巷のほかの方法よりも快適です。聴覚学者であり、ニューヨーク大学で臨床学准教授を務めるWilliam H. Shapiro博士は、一般的な「バルサルバ効果」を利用した方法より、安全かつ快適に傷みを軽減する方法を推奨しています。バルサルバ効果を利用した方法は通常、口を閉じて鼻をつまみ、できるだけ力強くいきみます。この方法だと、人によって、特に子供は、痛みや不快さを感じる場合があります。Shapiro博士は、いきむ代わりに唾を飲み込むことを勧めています。 口を閉じて鼻をつまみ、そして唾を飲み込むのです。こうすると、より無理なく耳の中の空気圧が均等化されます。この方法は、耳の中の空気圧を均等化するために、かなり頻繁に行う必要はありますが、同時に、耳管から無理やり空気を抜こうとし過ぎて耳を損傷する可能性は減ります。

Patrick Allan(原文/訳:コニャック

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next