特集
カテゴリー
タグ
メディア

ファイルエクスプローラーの重要な13のショートカット

ファイルエクスプローラーの重要な13のショートカット

MakeUseOf:Windows 10では、ファイルエクスプローラーがとても使いやすくなっています。以前のバージョンと同等の魅力や実用性を備えており、アドレスバーでのコマンド実行など新たな機能もいくつか加わりました。

しかし、熱心なWindowsユーザーであれば、キーボードのショートカットを活用して効率や生産性を上げるべきでしょう。すでに知っているものもあるかもしれませんが、すべてではないかもしれませんよ。

まずはよく知られているものから。

  • Win + E:ファイルエクスプローラーを立ち上げる。数ある便利なWindowsショートカットの1つであり、システムの確認を素早く始めることができます。
  • Alt + Left:1つ前のフォルダに戻る。
  • Alt + Right:1つ先のフォルダに移動。
  • Alt + Up:親フォルダに移動。
  • F2:現在選択しているファイルの名前を変更する。

ほかにも知っておくと便利なのは、

  • Alt + Enter:現在選択しているファイルのプロパティを開く。
  • Alt + D:アドレスバーに移動。
  • Alt + P:プレビューに切り替える。
  • Shift + Del:完全に削除する。
  • Ctrl + W:現在のウィンドウを閉じる。
  • Ctrl + N:新しいファイルエクスプローラーを開く。
  • Ctrl + Shift + N:新規のフォルダを作成。
  • F11:全画面表示。

ちょっと楽をしすぎのように感じるかもしれませんが、いったん習慣になってしまうと手放せなくなるでしょう。

13 Essential File Explorer Shortcuts You Need to Know|MakeUseOf

Joel Lee(訳:コニャック

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next