特集
カテゴリー
タグ
メディア

1349ドルでリリースされた、どこにでもついてくるドローン「Hexo+」

1349ドルでリリースされた、どこにでもついてくるドローン「Hexo+」

CES 2016のショールームのフロアでは多くのドローンが紹介されていましたが、Hexo はその中でもとりわけ目立った存在でした。2014年の夏にKickstarterで始まったプロジェクトから、ついにスマホのアプリを通してドローンオーナーの後をついてくるだけでなく、GoProを搭載するためのジンバルを組み込んだ、前後左右から動画を撮影できるドローンが生まれたのです。Hexo はiOS、もしくはAndroidのアプリにBluetoothを経由して連動し、このアプリがインストールされているスマホを持つ人の後をついてきます。このドローンは最高時速40マイル(時速64km)で、ユーザーとの距離は近距離か長距離かで選ぶことができます。さらに近い位置でユーザーを追いかけるオプションは、現在ベータテスト中です。

160119hexo1.jpg

特筆すべきなのは、Hexo に使われているカメラを機械的に安定させる技術です。多くのカメラで使われている手ブレ補正機能と同じようなもので、ドローンが空中を飛んでいる時の揺れを補正するよう、カメラのリグが動くようになっています。

Hexo は現在オンラインで販売されており、価格は1349ドル(約16万円)です。

Hexo |Popular Science

Xavier Harding(原文/訳:コニャック

Photo by Hexo .com
swiper-button-prev
swiper-button-next