特集
カテゴリー
タグ
メディア

生産性のためには「始めた仕事を一気に終わらせる」

生産性のためには「始めた仕事を一気に終わらせる」

生産性を維持するには、時間の使い方をうまく管理することと同じくらい、始めた時の勢いを維持することが大事です。一旦手をつけたことは、途中まで終わらせて残りを後回しにするのではなく、すべて終わらしてしまいましょう。もちろん、一気に終わらせることのできない長期プロジェクト業務もあります。しかし、『Emotional Intelligence 2.0』の共同著者であるTravis Bradberry博士は、毎日の通常業務に関しては必ず完了させたほうがいいと主張しています。

一度手を付けたら最後まで終わらす。それだけのことです。この背景には、やりかけた事を後で再開するのは大きな時間の無駄になる、という考え方があります。メールを書きかけで保存したり、かけなくてはいけない電話を後回しにしたりするのはやめましょう。何か気になることが出てきたらすぐに対処するか、他の人間に任せるか、あるいは削除しましょう。

物事をやりかけのまま放置するのをやめ、任される度に業務を完了させていくことで、生産性の勢いを維持することができ、長期的にはより多くの業務を完了させることができます。また何をやっていたのか、あるいはどんなやり方でやっていたのかを忘れることもありません。仕事は始めた時に完了させるのが一番です。

6 Simple Tricks That Will Make You Way More Productive|Entrepreneur

Patrick Allan(原文/訳:コニャック

Photo by Stacy Spensley.
swiper-button-prev
swiper-button-next