特集
カテゴリー
タグ
メディア

プロのようにギフトをラッピングできるコツ

プロのようにギフトをラッピングできるコツ

ギフトを贈るときにラッピングがきれいだと、見た目にも美しく非常に良い印象を与えます。しかし、うまくラッピングするのはかなり難しいものです。下の動画では、わずか数分でラッピングをマスターし、完璧なプレゼントを贈るためのコツがいくつか紹介されています。ギフトをラッピングするのは、一般的には難しいものとされていますが、スキルを磨けばそれほどではありません。このOne Kings Laneの動画では、ラッピングのときに注意すべきポイントが紹介されています。

  1. まずは適切なサイズのラッピングペーパーを選ぶことから始めます。ギフトをペーパーの中央に置いたとき、ペーパーがギフトの横の半分以上を覆えて、ギフト全体をくるんだときに1インチ(約3センチ)ほどペーパーが重なるくらいの大きさが良いでしょう。
  2. 角を平らにするため、両面テープをペーパーの端につけます。テープは必ず使ってください。また、テープは長い方が、ペーパー同士が簡単にくっつきます。
  3. ペーパーの継ぎ目をギフトの角に合わせるようにします。また、角の所で折り目を作ると、折るのが簡単になります。
  4. 横の部分が長すぎるときは、ペーパーを折ってみて、角になる場所に印をつけておきましょう。こうすればペーパーの余分な部分をどのくらい折り込んだらよいかがわかります。

新聞紙や一度使ったラッピングペーパーで練習し、このテクニックを身に付けましょう。一度マスターすれば、プロのようにプレゼントをラッピングすることができますよ。

Heather Yamada-Hosley(原文/訳:コニャック

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next